TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】瀧澤博人が接戦制してWMO王座を戴冠、シラーが止まらぬ攻撃で完勝

2020/11/22(日)UP

瀧澤(左)が左ミドルキックを放つ

ジャパンキックボクシング協会
『KICK Insist 10 』
2020年11月22日(日)東京・後楽園ホール

▼第10試合 トリプルメインイベント3 シーエムディーグループPresents WMOインターナショナル・フェザー級王座決定戦3分5R
◯瀧澤 博人(元日本バンタム級王者/ビクトリー)
判定2-1 ※49-48×2、48-49
●ジョムラウィー・REFINAS GYM(元タイ国TV9ch バンタム級王者・元タイ国パタヤスタジアム バンタム級王者 /タイ)
※瀧澤が新王者に

 瀧澤は長いリーチを活かしたしなやかな蹴りと飛び膝蹴りを得意とするファイター。また、シンガーソングライターとしても活動し”歌うキックボクサー”としての一面も持つ。2014年10月に当時無敗の重森陽太を下し、新日本キック日本バンタム級王座を獲得。ジャパンキックには2019年5月のプレ旗揚げ興行から参戦し、ここまで3勝1敗(3KO)と好成績。

ジョムラウィーも強烈な右ミドルで応戦する

 対するジョムラウィーは元タイ国TV9ch バンタム級王者および元タイ国パタヤスタジアム バンタム級王者の肩書きを持つ強豪。瀧澤はタイで王座経験を持つジョムラウィーを下し、WMO(世界ムエタイ機構)タイトル獲得を目指す。

 1R、瀧澤が左のインローを放つ。瀧澤の左ミドルを交わしたジョムラウィーは、右ローをヒットさせる。ジョムラウィーは、瀧澤の蹴りに右フックを被せる。終盤、瀧澤は左右のミドルの手数を増やした。

 2R、瀧澤は左右のローを放ち、左ジャブで牽制。ジョムラウィーは遠い距離から入り込むようにして、右ローを強打し、前蹴りで瀧澤を突き飛ばす。両者とも見合う展開もあるが、随所でローやミドルを当て合う。

 3R、ジョムラウィーが右ローをヒットさせ、右飛びヒザ蹴りを見舞う。舌を出して挑発するジョムラウィーに、瀧澤は前蹴りや左ミドルで距離を取る。ジョムラウィーは近い距離に踏み込むが、その距離に瀧澤は付き合わず、蹴り技中心の攻めを見せる。

 4R、瀧澤は左の前蹴り、左ミドル中心の攻めを見せる。ジョムラウィーは瀧澤の左の蹴りには右ローで対抗。瀧澤は浅く右ストレートをヒットさせるが、ジョムラウィーも右ミドルを返す。

 5R、瀧澤が左ロー、ジョムラウィーは右ローを蹴る。ジョムラウィーが素早く前に出たところで、瀧澤は右ハイキックをヒットさせ、左ジャブで牽制する。終盤は、両者とも流すような動きを見せ、そのまま終了のゴング。両者とも決定的なシーンは見られなかったが、ジャッジ2名が瀧澤を支持。瀧澤が王者に輝いた。

瀧澤がベルトを巻いた

 勝利した瀧澤は「堅い試合で、勝ちに徹してすみませんでした。これまでスランプが沢山あって、今年も大きな怪我をしたけど、ベルトを絶対巻いてリングで輝くことを信じてやってきました。コロナもあり、暗いニュースばっかりですが、僕がベルトを巻けたように、また笑える日がやってきます」とコメントした。

●編集部オススメ

・【ジャパンキック】瀧澤博人がWMO王座決定戦に出場、永澤サムエル聖光が梅野や重森と戦ったシラーと対戦=11.22後楽園

・【BOM】ラジャ王者・竜哉が勝利しRIZIN参戦希望、名高は相手に触れさせず貫禄のKO勝ち

・【RIZIN】朝倉未来、斎藤裕に「ダイレクトリマッチでやり返したい」

・【RIZIN】“背水の陣”で勝利を掴んだ扇久保博正「負けたら辞めようと思っていた」=試合後インタビュー

・【RIZIN】皇治「ボブ・サップやチェ・ホンマン、大きいヤツに挑む」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧