TOP > 試合結果 一覧

【ジャパンキック】現役王者・今野顕彰が衝撃TKO負け、強豪タイ人のパンチに沈む!浅井春香は判定勝利

フォロー 友だち追加
2022/03/20(日)UP

今野(左)が強豪タイ人・シュートン(右)に無念のTKO負け

ジャパンキックボクシング協会
『KICK Insist12』第1部
2022年3月20日(日)東京・新宿FACE

シュートンがパンチで攻めまくる

▼メインイベント(第7試合) WMOインターナショナル ミドル級王座決定戦3分5R
●今野顕彰(市原/ジャパンキック ミドル級王者)
TKO 2R 37秒 ※レフェリーストップ
◯シュートンBKK(タイ/元パタヤスタジアム フェザー級王者)

 今野は、破壊力満点の拳と鋭いローキックを武器とするジャパンキックミドル級王者。国内外で50戦以上の戦績を誇る。対するシュートンはムエタイの元パタヤスタジアム フェザー級王者の肩書きを持つ。

ロープに詰めて、剛腕フックでTKO勝利するシュートン

 今回争われるタイトルの団体・WMO(世界ムエタイ機構)は2011 年に発足し、タイのスポーツ省と文化省に承認されている団体。国内でインターナショナル王座は、ジャパンキックでは瀧澤博人が獲得している。

 1Rからシュートンが左右のフック、ストレートの連打で攻め、右フックで今野のアゴを突き上げる。中盤まで左右のフック、ミドルでシュートンが圧倒する展開。何とか耐えた今野は、落ち着いて右ローを返していく。

 2R、今野が右ローで先制するが、シュートンが狙い澄ました右ストレート!この強烈な一撃に今野がバッタリと仰向けに倒れてダウン。今野は何とか立ち上がるもダメージは明らか。さらに、シュートンが左フック、右ストレートの強打を浴びせ、2度目のダウンを奪取。ヒザを付いて倒れた今野の様子を見て、即座にレフェリーがストップした。

ベルトを巻いたシュートン

 シュートンがジャパンキックの現役王者・今野をKOし、会場を大爆発させた。勝利したシュートンは「応援ありがとうございました」と短く集まったファンに挨拶した。

▶︎次ページは、浅井春香vs.寺西美緒

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】3.20 永澤サムエル聖光vsパランラック、今野顕彰vsシュートンほか『KICK Insist12』生中継、配信情報

・【NJKF】永澤サムエル聖光が“キラーロー”で健太を下し防衛成功、前田浩喜が大輔を下し3階級制覇

・【RIZIN】3.20 全試合結果 速報(弥益ドミネーター聡志vs萩原京平、皇治vs梅野源治など試合結果 速報中)

・SB王者・笠原友希、衝撃の飛びヒザ蹴りKO!ベテラン元氣を沈める

・【GLORY】RISE女王・小林愛三がTKO負け!“大和魂”の奮闘も王者ヴァン・スーストから4度のダウンを奪われる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧