TOP > 試合結果個別

【K-1】卜部弘嵩が復活KO勝ち、山本真弘を完封

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1実行委員会
K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~
2017年9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

山本(左)から3度のダウンを奪った卜部(右)が復活の勝利

▼第8試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長
1R
○卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
TKO 2R2分51秒
●山本真弘(N.F.T.T./元IT’S SHOWTIME世界-61kg級王者)

 両者は2014年8月9日に対戦しており(卜部が判定勝ち)これが約3年ぶりの再戦に。卜部は現在3連敗中、山本も2連敗中で近年は黒星が増えており、ともに再起を懸けたサバイバルマッチとなった。

 1R、卜部が積極的に左ストレート、左ミドル。そして接近戦で連打を見せる。後手に回りながらも山本は細かい連打を返すが。終了間際に卜部が左ストレートでダウンを奪う。

 2R、前に出続ける卜部はパンチ連打、跳びヒザで襲いかかりパンチ連打でダウンを追加。さらにボディへのヒザ連打でダウンした山本は耐えたが、最後に右ストレートをもらいダウンしKO負け。復活勝利の卜部は「色々ありましたが、無事に復活しました。今の俺が一番強いのでこれから期待して下さい」とアピールした。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

【関連リンク】

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別