TOP > ニュース

【ライズ】長島☆自演乙がタイトルマッチに挑む

2014/05/15(木)UP

eFightの試合動画
ゲーオ、小宮山、城戸、長島☆自演乙の試合などKO、名シーンが満載

▲ザノリニ(左)が保持するウェルター級王座に長島(右)が挑戦

 7月12日(土)東京・大田区総合体育館で開催される『RISE 100』の追加対戦カードが発表された。“コスプレファイター”としてK-1で一躍名をはせた長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)が、RISEの王座獲りに挑む。

 長島は今年4月、RISEに初参戦。これまでの-70kgから-67.5kgのウェルター級に階級を落とし、RISE同級1位・渡部太基を延長戦の末に破った。この試合の勝利と内容、そして過去の実績が評価され、今回のタイトル挑戦が決定。2010年のK-1 WORLD MAX -70kg日本トーナメント優勝以来となるタイトル獲得を狙う。

 迎え撃つ王者はダニロ・ザノリニ(TS GYM/ブラジリアン・タイ)。昨年11月に渡部との王座決定戦をダウンの応酬の末に制し、初代王座に就いた。今回が初防衛戦となるが、もうひとつのタイトルであるHEATキックルール・ミドル級王座はこれまで5度の防衛に成功。その中には、K-1 WORLD MAX 2011 -70kg日本トーナメント王者・名城裕司に勝利した一戦も含まれている。

 カカト落としや後ろ廻し蹴りなど多彩な蹴り技を持ち、スピードと一発の破壊力を兼ね備えたザノリニに対し、長島には日本拳法仕込みの強力なストレートとフックがある。両者ともアグレッシブファイターだけに、壮絶な試合となりそうだ。

▲極真・渡辺(左)と日本拳法出身・丹羽(右)が激突

 また、RISEライト級3位・渡辺理想(極真会館)vs同級8位・丹羽圭介(HAYATO GYM)も決定。

 渡辺は極真空手の多彩な蹴り技を武器にライト級トップ戦線で活躍したが、現在は連敗中。今回が約10カ月ぶりの再起戦となる。対する丹羽は日本拳法三段を持ち、強いパンチと三日月蹴りを得意とする。現在6連勝と絶好調で、上位ランカーである渡辺の首を狙う。

<追加決定カード>

▼RISEウェルター級タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
ダニロ・ザノリニ(TS GYM/ブラジリアン・タイ/RISEウェルター級王者)
vs
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX2010日本トーナメント優勝/RISEウェルター級1位・挑戦者)

▼ライト級 3分3R延長1R
渡辺理想(極真会館/ライト級3位)
vs
丹羽圭介(HAYATO GYM/ライト級8位)

☆ダニロ・ザノリニ 選手データ
☆長島☆自演乙☆雄一郎 選手データ
☆渡辺理想 選手データ

【大会・チケット情報】 7・12 RISEクリエーション 「RISE 100~BLADE 0~」

 

eFightの試合動画
ゲーオ、小宮山、城戸、長島☆自演乙の試合などKO、名シーンが満載

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース