TOP > ニュース

【巌流島】菊野と小見川が決勝での空手vs柔道を誓う

2016/10/07(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

決勝での対戦を誓い合った菊野(左)と小見川(右)

 10月21日(金)東京・国立代々木競技場第2体育館で開催される『巌流島 全アジア武術選手権大会 2016 in TOKYO』に出場する、菊野克紀(沖縄拳法空手/日本)と小見川道大(柔道/日本)がトーナメント決勝での“空手vs柔道”対決を誓い合った。

 6日(金)都内にて巌流島CS番組の公開収録が行われ、菊野と小見川が出演。収録後の囲み会見にて、両者が決勝まで勝ち上がれば対戦の可能性があることについての質問に、小見川は「そこまでたどり着きたい。自分の戦いが思い描く通りに出来たら最終的に菊野選手と戦いたいです。ひとつひとつ確実に勝ってその戦いを実現させたい」と、菊野との決勝戦を熱望した。

 その言葉を受けて菊野は、「このトーナメントは僕たちのためにあるトーナメントだと思っています。柔道か、空手か?(という見方)で見られるのは仕方がない。僕の空手でどう戦うかが楽しみです。なにより僕は小見川選手が大好きなんです。思い切り殴り合って、気持ちよく終われる気がします」と、同じく最後は小見川との対決にしたいと語り、小見川は「そうなりたいです」と深くうなずいた。

 空手vs柔道は柔道小説の『姿三四郎』や柔道漫画の『柔道一直線』にも描かれているように、昔から“どちらが強いのか”と比較されてきた日本武道である。アジアから様々な武術をバックボーンに持つ選手たちが参戦するこのトーナメントで勝ち上がり、決勝で空手vs柔道が実現するのか。

●編集部オススメ記事
・菊野vsテコンドー王者、小見川vs中国武術家、武術選手権の組み合わせ決定
・中国武術、テコンドーを加えアジア武術最強決定トーナメント全選手決定

【大会・チケット情報】 10・21 巌流島・実行委員会/ひとだんらく「巌流島 全アジア武術選手権大会 2016 in TOKYO」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
Facebookもチェック