TOP > ニュース

【RIZIN】息子クロンの進化に父ヒクソンも驚き

2017/01/01(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

息子クロン(左)の成長に父ヒクソン(右)は自分以上だと驚いていたという(C)RIZIN FF/Sachiko Hotaka

 12月29日(木)、31日(土)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』。31日の大会終了後、榊原信行RIZIN実行委員長が2日間の大会を総括した。

 31日の第10試合で、MMA(総合格闘技)わずか4戦目にして元UFCファイターで日本トップクラスの川尻達也(T-BLOOD)を破ったクロン・グレイシー(ブラジル)。

「川尻は強い選手で経験もある。今回は勝ち負け関係なく自分のいいところを全面に出して、強い相手に力試しをしようと思っていたんだ。川尻はハードヒッターだし、手強い相手だったがそこまで自分にダメージはなかった」と試合を振り返った。

寝技になるとほぼワンサイドで川尻を仕留めたクロン

 榊原信行RIZIN実行委員長は「ヒクソンも、自分以上にクロンは進化していると驚いていた」と、クロンの父ヒクソン・グレイシーも息子の成長に舌を巻いていたという。

「クロンはグレイシー柔術というヒクソンが継承・伝承したものにクロン・グレイシーというパーソナリティーをミックスしているスタイルを作り出した。これは驚くしかない。彼はニュータイプのグレイシーです」と榊原実行委員長。

 しかし、「グレイシーハンティングを日本人選手にぜひ行って欲しい。次にクロンの首を獲りに行こうという選手を早急に見つけたい」と、打倒クロンを果たせる日本人選手を発掘したいとも語った。

●編集部オススメ記事
・ヒクソン・グレイシーに聞く 格闘技のメンタル養成・克服法
・「RIZIN」31日の全試合結果 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース