TOP > ニュース

【パンクラス】初参戦の三浦彩佳「西内まりやよりもゾンビと呼ばれたい」

2017/02/23(木)UP

パンクラス初参戦となるDEEP JEWELSの三浦彩佳

 3月12日(日)東京・ディファ有明にて開催される『PANCRASE 285』に出場するDEEP JEWELSからの刺客・三浦彩佳(TRIBE TOKYO M.M.A)の公開練習が、2月23日(木)都内の所属ジムで行われた。

 元DEEPウェルター&ミドル級王者・長南亮率いるTRIBE TOKYO M.M.Aに所属しており、長南が認める練習の鬼だという三浦。柔道をベースとしたキレのある寝技を持ち味に、プロデビューから新人離れした実力を発揮。佐伯繁DEEP代表がDEEP JEWELSストロー級のエースとして太鼓判を押す26歳のファイターだ。

伸縮ロープに引っ張られた状態で、打撃をミットに打ち込む三浦。ハードなトレーニングを披露した

 今回がパンクラス初参戦となるが、佐伯代表は「パンクラス女子のエースである朱里の首を獲ることが目的」とのコメントを発表。DEEP JEWELSを代表してパンクラスに殴り込む形となった三浦に、パンクラスファンからの視線が注がれることとなった。

 そんな三浦だが、実はもう一つ話題を集めていることが。最近、女優や歌手として活躍するモデルの「西内まりや」と顔が似ていることがSNS上で話題となり、“戦う西内まりや”と呼ばれるようになっているのだ。

柔道整復師の資格を持ち、アロマセラピストとしても活動している三浦。公開練習後には施術も披露した

 公開練習後、試合に向けた意気込みなどを語る三浦に、報道陣からも“戦う西内まりや”と呼ばれていることについて、実際のところはどう思っているのかとの質問が飛んだ。

 三浦は「そうですね…。西内まりやさんは戦わなくても良いんじゃないかなと思っています(笑)。ただ、皆さんの印象に残るようであれば、嬉しいかなと思います」と、照れ笑い全開で答えた。さらに、「西内まりやさんで呼ばれるよりも、自分的には“ゾンビ”って呼ばれたほうがしっくりきます」と続けた。

三浦(左)の師匠である元DEEPウェルター級&ミドル級王者・長南亮(中央)と、三浦と同じ大会に出場するパンクラス・フライ級9位の若松佑弥(右)

 実は、周りのチームメイトや関係者の中では“ゾンビ”のあだ名が定着しているという三浦。「いろんな人と練習していて、やられてもやられても休まずにスパーリングをもう一本お願いします、とずっと言い続けていたら、長南さんからずっと休まないし、ゾンビみたいだねと言われて(笑)。それからゾンビと呼ばれるようになりました」と明かした。
 
 試合でも「やられても心は折れない」と力強く答える三浦。今大会では、4戦全勝の強敵マグダレナ・ソルモバ(チェコ)を相手に、得意の寝技とゾンビばりにしつこく甦る粘りで勝利を狙っている。

●編集部おススメ記事
“戦う西内まりや”三浦彩佳「組んで倒して極めて圧倒したい」
西内まりや似とSNSで話題の三浦、計量パス 

【大会・チケット情報】 3・12 パンクラス「PANCRASE 285」

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース