TOP > ニュース

【パンクラス】“戦う西内まりや”三浦vsソルモバ、計量でビキニ対決

2017/03/11(土)UP

計量をパスした三浦(左)とソルモバ(右)は向き合って闘志を燃やした

 3月12日(日)東京・ディファ有明にて開催される『PANCRASE 285』の前日計量が、11日(土)都内で行われた。

 DEEP JEWELSから初参戦となる“戦う西内まりや”こと三浦彩佳(TRIBE TOKYO M.M.A)は白のビキニ、対戦相手のマグダレナ・ソルモバ(チェコ/PENTA GYM PRAGUE)は黒のビキニで登場。

計量をパスして笑顔を浮かべるソルモバ

 両者ともに計量を一発でパスすると、「コンニチハ。明日の試合を楽しみにしています」(ソルモバ)、「DEEP JEWELSの代表として精一杯がんばりますので、よろしくお願いします」(三浦)と、それぞれ意気込みを述べた。

 三浦は柔道をベースとしたキレのある寝技を武器に活躍する26歳。佐伯繁DEEP代表からDEEP JEWELSストロー級のエースとして太鼓判を押され、パンクラス女子のエースである朱里の首を狙う刺客として送り込まれることとなった。 

真剣な面持ちで計量に臨んだ三浦

 また、三浦は女優や歌手として活躍するモデルの「西内まりや」に顔が似ていると最近SNS上で話題となり、“戦う西内まりや”と呼ばれるようになるなど、注目が高まっている。

 そんな三浦がいよいよ迎えるパンクラス初陣。対戦相手と実際に対面し、「もっと大きい選手かと思っていたら、そこまで大きくなかったですね。いつも通り、組んで勝負できそうだなと思いました」と、その印象を口にする。

 自身の仕上がりについては、「パンチを打つ時の下半身の動き、相手を押し込む時の力は、今までで一番強くなっていると思います」と手応え十分。

 試合に向けて、「パンクラスは朱里選手だけではなく、これから出てくる村田夏南子選手もいますし、私のような選手もいるところを知ってほしいと思います。こういう面白い選手がいるんだぞというところを見てほしいです」と闘志を燃やした。

 両者は明日、実力で白黒つける。

●編集部おススメ記事
初参戦の三浦彩佳、女王・朱里との対戦に意欲
三浦彩佳と対戦するソルモバはチョークが得意な警察官

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース