TOP > ニュース

【Invicta】あのハーフ美女戦士がUFC出場目指して参戦

2017/08/01(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

現在は海外に活動の拠点を置いている紫乃

 8月31日(木)アメリカ・カリフォルニア州で開催される世界最大の女子MMA(総合格闘技)団体Invicta(インヴィクタ)主催『Invicta FC25』が開催される。

 同大会に日本から紫乃(しの/尚武会)が参戦。アリース・アンダーソン(アメリカ)と対戦する。

 紫乃は16歳のハーフ美少女戦士として2011年12月、JEWELSでプロデビュー。バックボーンの柔術を生かしてJEWELSとパンクラスで5戦を行ったが、連敗をきっかけに苦手な打撃を学ぶためキックボクサーに転向。2013年にはWPMF日本女子フライ級王座をいつか(新宿レフティ―ジム)と争ったこともある。

得意技は首相撲からのヒザ蹴り、さらに前へ崩してからの三角絞め

 その後、ムエタイを日本の尚武会、MMAはアメリカのジムで学び、2014年からは海外のROAD FC、RFCなどでMMAの試合経験を積んでいる。Invictaには昨年1月以来2度目の参戦。

 紫乃は105ポンド(47.6kg)で試合を行っているが、UFCにはその階級がまだない。そのため紫乃は105ポンドで試合が出来る大会に出場しながらウェイトトレーニングで体重を増やし、UFC出場を目指す方針だという。

●編集部オススメ記事
・浜崎朱加が接戦制し世界タイトル獲得
【コラム】アメリカのジョシカク総本山『Invicta FC』で活躍するコスプレ女子

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース