TOP > ニュース

【ボクシング】メイウェザー、マクレガーTKOまで10Rかかったのは「戦略だった」

2017/08/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

50戦全勝無敗という偉大なる新記録を残し、これが本当に最後の試合になると断言したメイウェザー(写真は以前の試合より photo=DAZN)

 8月26日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス・Tモバイル・アリーナで行われた、ボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)とUFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)による“世紀の一戦”は、メイウェザーが10R1分5秒、レフェリーストップによるTKO勝ちを収めた。

 試合後、リング上でインタビューに答えたメイウェザーは、「マクレガーはタフなファイターだった。素晴らしい試合だった。予想以上に強い相手だったよ」とマクレガーを称えた。

パッキャオ(右)とのメガファイトに続き、大金を手にしたことが今回も話題のメイウェザー。ニックネームは“マネー”(photo=DAZN)

 序盤はマクレガーに攻め込まれて手数が少なく、ボクシングデビュー戦の相手を仕留めるまでに10Rかかったことについては、「あれは戦略だった。時間をかけて相手に全てを出させる戦略だったんだよ。MMA(総合格闘技)は最長でも試合時間は25分(5分5R)。その後はスローダウンすると予想していたんだ」と、相手のスタミナを奪って25分が経過したところで勝負をかける作戦だったことを明かした。

 また、本当にこれが最後の試合になるのかと問われたメイウェザーは「これが私の最後の試合だ。本当です。今日は素晴らしいダンスパートナー、マクレガーを最後に選んだ。コナー、アイルランドのみんな大好きだよ」と、これが本当に最後のファイトになると断言した。

●編集部オススメ記事
・世紀の一戦はメイウェザーが10RでTKO勝ち
・メイウェザーvsマクレガー公開計量でも火花

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース