TOP > ニュース

【Invicta】魅津希の1年半ぶり復帰が決定、対戦相手は“悪魔のプリンセス”

2017/10/27(金)UP

魅津希(左)が1年半ぶりの復帰戦で、“悪魔のプリンセス”モランディン(右)と激突する

 12月8日(金・現地時間)アメリカ・ミズーリ州カンザスシティのスコティッシュライト・テンプルで開催される『Invicta FC 26』に、DEEP JEWELSストロー級王者・魅津希(みづき/23=空手道白心会)が参戦することが発表された。

 魅津希は10代の頃から国内外のトップクラスで活躍し、UFC参戦も期待されるファイターだ。2010年10月に16歳でMMA(総合格闘技)プロデビューし、DEEP JEWELSで5勝1敗の好戦績を収めると、18歳で世界最大の女子MMAプロモーションであるInvicta FCと契約。2013年7月のInvicta FCデビュー戦では、後にUFCファイターとなるベック・ローリングスに判定勝ちを収めた。

魅津希(右)はキックボクシングやシュートボクシングでも積極的に試合を重ねてきた

 海外初挑戦を経てさらに成長した魅津希は、2014年8月にDEEP JEWELSストロー級(当時はライト級)タイトルマッチで、ベテランの富松恵美から一本勝ちを収めて王座を獲得。2015年8月には同じくベテランの藤野恵実を判定で破り、初防衛も成功させた。

 また、Invicta FCにも継続参戦し、現在までの戦績は3勝2敗。ローリングス戦以降は、2014年11月にカロリーナ・コバルケビッチ(現UFC女子ストロー級3位)、2015年2月にアレクサ・グラッソ(同11位)に連敗したが、昨年1月にレイシー・シャックマン、7月にリン・アルバレスから一本勝ちを収めて連勝。昨年8月にはキックボクシングの試合にも出場したが、以降は負傷により試合から遠ざかっており、今回は約1年半ぶりの復帰戦となる。

今年8月のInvicta FC初陣で、元ストロー級王者リヴィア・ソウザ(左)と対戦したモランディン(右)

 そんな魅津希の対戦相手は、“悪魔のプリンセス”の異名を持つジャナイサ・モランディン(22=ブラジル)だ。2013年6月のMMAプロデビューから母国ブラジルの大会で9戦全勝と活躍し、今年8月にInvicta FC初参戦。いきなり元ストロー級王者リヴィア・ソウザと対戦したが、判定で敗れている。ただ、この試合は当初出場が予定されていた選手の負傷により、急遽代役というかたちで臨んでおり、今回からが本領発揮となりそうだ。

 果たして、魅津希は復帰戦を勝利で飾り、Invicta FCでの戴冠、そしてUFC参戦に近づくことができるか。

●編集部オススメ
・【試合動画】魅津希が5年ぶりキック試合で苦闘
・UFCトップファイターのコバルケビッチと接戦を演じた魅津希

<決定対戦カード>
▼ストロー級 5分3R
魅津希(みづき/23=空手道白心会/DEEP JEWELSストロー級王者)
vs
ジャナイサ・モランディン(22=ブラジル)

 

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース