TOP > ニュース

【K-1】村越優汰が初参戦、メインは日菜太vs廣野の挑戦者決定戦

2017/11/12(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

村越がK-1に初参戦。必殺の三日月蹴りが唸りをあげるか

 12月27日(水)東京・後楽園ホールで開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~SURVIVAL WARS 2017~』の記者会見が、11月12日(日)都内で行われた。

 第5代RISEバンタム級王者・村越優汰(湘南格闘クラブ)が初参戦する。村越は2014年7月にトーナメントを制して王者となり、2015年5月の初防衛戦で那須川天心に敗れて王座陥落。2016年7月の挑戦者決定戦で小笠原瑛作をTKOで破り、9月に那須川とタイトルマッチで再戦したが判定で敗れた。

 しかし、その後はJ-NETWORKで同団体王者の伊仙町典久、RISEで工藤政英、ビッグバンで駿太と各団体のトップクラスから勝利を収めて3連勝中。K-1初参戦となる今回は元イノベーション・フェザー級王者の芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)と対戦する。

2014年10月、レベルスで対戦している日菜太(左)と廣野(右)

 メインイベントでは、第2代K-1スーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフ(ベラルーシ)への挑戦権を懸け、初代REBELS70kg級王者・日菜太(クロスポイント吉祥寺)と初代Bigbangスーパーウェルター級王者・廣野祐(NPO JEFA)が激突。

 日菜太は2017年2月からK-1に参戦し、6月の第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントに臨んだが1回戦でジョーダン・ピケオーに敗退。9月大会でセルジオ・サンチェスを破ってアラゾフへの挑戦をアピールしていた。対する廣野は2016年3月からK-1に参戦。2017年1月にKrush -70kg王者ジョーダン・ピケオーに挑戦するも惜敗、6月の第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントでは日菜太と同じく1回戦でサニー・ダルベックに敗れた。

 両者は2014年10月にREBELS 70kgタイトルマッチで対戦しており、この時は王者・日菜太が判定2-1で辛勝している。約3年ぶりとなる再戦を制し、王者アラゾフへ挑戦するのはどっちだ。

10月に武尊のライバル小澤(左)を破り、Krush王者となった西京(右)

 また、セミファイナルには10月に小澤海斗を破り、第3代Krush -58kg王者となった西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が出場。大滝裕太(ネクサスジム)と対戦する。大滝はかつて武尊とKrushタイトルマッチを争ったこともあり、最近では人気恋愛バラエティ番組『あいのり:Asian Journey』に出演したことが話題となった。7連勝と勢いに乗る西京を相手に約1年ぶりの試合に臨む。

●編集部オススメ
・RISEの村越がカウンター連打で駿太を破る
・日菜太vs廣野の接戦となったREBELSタイトルマッチ

<決定対戦カード>

▼第7試合 K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
日菜太(クロスポイント吉祥寺/初代REBELS70kg級王者)
vs
廣野 祐(NPO JEFA/初代Bigbangスーパーウェルター級王者)

▼第6試合 K-1フェザー級 3分3R延長1R
西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Krush -58kg王者)
vs
大滝裕太(ネクサスジム)

▼第5試合 K-1スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/第2代Krush -53kg王者)
vs
大岩翔大(チームYMC栃木)

▼第4試合 K-1フェザー級 3分3R延長1R
芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)
vs
村越優汰(湘南格闘クラブ/第5代RISEバンタム級王者)

▼第3試合 K-1スーパー・ウェルター級 3分3R延長1R
山崎陽一 (K-1ジム・シルバーウルフ)
vs
和島大海(月心会チーム侍)

▼第2試合 K-1ヘビー級 3分3R延長1R
杉本 仁(K-1ジム・シルバーウルフ)
vs
RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)

▼第1試合 K-1スーパー・ライト級 3分3R延長1R
篠原悠人 (DURGA)
vs
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)

▼プレリミナリーファイト第2試合 K-1スーパー・ライト級 3分3R
眞暢(TEAM ONE LINK)
vs
FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)

▼プレリミナリーファイト第1試合 K-1ライト級 3分3R
“バズーカ”巧樹(菅原道場)
vs
竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース