TOP > ニュース

【RIZIN】トーナメント制覇に全てを懸ける石渡「元旦は生きていればいいな」

2017/12/19(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

かなり軽めのマススパーを披露した石渡(右)。コメントでも秘密主義を貫いた

 12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の公開練習が、19日(火)都内にて行われた。

 RIZINバンタム級トーナメントに出場するパンクラス・バンタム級王者の石渡伸太郎(CAVE)は、かなり軽めのマススパーリングを披露。この日は同じトーナメントに出場する堀口恭司、大塚隆史も一緒の合同公開練習だったため、「なるべく普段と違う動きをするように心がけました。29日の試合に集中していますが、この2人とはやると考えているので」と、手の内を全く見せなかったと石渡は笑った。

「順調に準備が出来ています」と言い、渡米してのトレーニングを積んできたが「レスリングを強化したけれど内緒のやつです」、2nd ROUND(29日)で対戦するSuperiorChallengeバンタム級王者ケビン・ペッシ(フランス)についても「対策はしています」と、ここでも秘密主義を貫く。

 今回のトーナメントは29日の試合に勝てば、1日おいて31日に2試合やらなければいけない変則的な日程。石渡は「経験がないからやってみないと分からないが、僕は“5R男”なので。日本人で一番5Rを経験しているから、(Final ROUNDの1日2試合は)1Rだけ増えるような感覚です」と経験値の高さから自信をのぞかせた(5分5Rフルで戦ったのが3回、5Rで決着が1回)。

 堀口とは2013年6月の『VTJ』で対戦し、大激闘の末に最終5R41秒、KOで敗れている。そのため「戦いたいという気持ちはある」と決勝での再戦を望むが「堀口選手は決勝まで上がって来るだろうから、まずは1試合ずつ意識したい」と自分の試合に集中したいとした。

 また、年末前にはテレビを意識して「美容室にでも行こうかな」と記者たちを笑わせた石渡だが、「元旦は“生きていればいいな”くらいの気持ちでいます」と、今回のトーナメントに命を懸けると誓った。

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND」

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

●編集部オススメ

・パンクラス王者・石渡が1回戦を突破

・5分5Rで最終5Rを4度も経験している石渡の戦績

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース