TOP > ニュース

【RIZIN】敗者たちが堀口優勝を予想、マッコールは「ケイプの顔を踏みつけて欲しい」

2017/12/30(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

バンタム級トーナメントで31日に勝ち上がった(左から)堀口、ケイプ、高田延彦RIZIN統括本部長を挟んで、大塚、石渡

 12月29日(金)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』。今大会で2nd ROUND(準々決勝)が行われた「RIZINバンタム級トーナメント」で敗退した選手たちの多くが、堀口恭司(アメリカン・トップチーム)の優勝を予想した。

 DEEPバンタム級王者・大塚隆史(T-grip Tokyo)に大逆転のフロントネックロックで敗れたカリッド・タハ(ドイツ)は、「決勝は堀口vs石渡で堀口が勝つと思う」と、堀口とパンクラス・バンタム級王者の石渡伸太郎(CAVE)の決勝戦を予想。「来年5月のイベントに呼んでいただくことになったので、今回のようなミスをしないようにブラッシュアップしていきたい。必ずカムバックする。出来ればスーパースター堀口と戦ってみたい」と話した。

 堀口と並ぶ優勝候補と目されながら、マネル・ケイプ(アンゴラ)にTKO負けを喫した元UFCトップファイターのイアン・マッコール(アメリカ)も、「優勝は堀口だと思う」と予想。

 ケイプとはトーナメント組み合わせ抽選会から因縁が生まれ、公開計量では両者が手を出す乱闘騒ぎにまで発展。試合後もケイプがリスペクトの姿勢を全く見せなかったことから、マッコールは腹立たしい様子。

「堀口がケイプをやっつけてくれればいいなと思っている。私は彼のスネの下の部分を蹴りつけたので、堀口が無意識に(そこを狙って)KOしてヤツの顔を踏みつけて欲しいと思っている」と、堀口に“制裁”を期待。「そして私がRIZINに戻って来て、ベルトを私のものにしたいと思っている。5月に戻って来たい。タハと対戦したらいい試合になるんじゃないかな。誰とでも戦いたい。ギャビ・ガルシアでもいいし、ボブ・サップでもゴジラでも誰でも来いだ」とジョークを交えながらRIZINへの再来日を希望した。

 そしてメインイベントで堀口と対戦し、1R4分30秒、TKOで敗れたガブリエル・オリベイラ(ブラジル)も「堀口が優勝するだろう。彼は想像以上に動きが速く、どう対応すべきか試合の途中から分からなくなってしまった。右のパンチに気を取られすぎて左のパンチをもらってしまったのが敗因だ。堀口には言葉がない。本当に優れた選手。彼と戦えて光栄だよ」と、堀口を絶賛した。

「RIZINバンタム級トーナメント」は12月31日(日)さいたまスーパーアリーナで、準決勝・決勝戦が行われる。準決勝の組み合わせは堀口vsケイプ、石渡vs大塚。

PHOTO=(C)RIZIN FF

●編集部オススメ

・【RIZIN】全試合結果=2017年12月29日

・堀口へのリベンジ狙う石渡「助演男優賞はもういい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース