TOP > ニュース

【修斗】佐藤将光、松本光史も出場で世界王者3人そろい踏み

2018/01/09(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

王者としての第一戦を迎える佐藤(左)は、ノンタイトル戦で寝技の強い齊藤(右)と対戦

 1月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される『プロフェッショナル修斗2018開幕戦』の追加対戦カードが発表された。

 世界ストロー級王者・猿田洋祐(和術慧舟會HEARTS)に続き、世界バンタム級王者・佐藤将光(坂口道場一族)、世界ライト級王者・松本光史(フリー)の出場が決定。修斗世界王者3人がそろい踏みする。

 佐藤は昨年10月に新王者となり、今回が王者としての第一戦。ノンタイトル戦で“ザ・ギロチン”こと齊藤曜(トイカツ道場)と対戦する。齊藤は近年パンクラスやDEEPに参戦していたが、昨年11月のプロ修斗青森大会で昨年度新人王・一條貴洋を相手に何もさせず、代名詞であるギロチン(フロントスリーパー)で斬って落とし、約4年ぶりの修斗帰還を果たしたばかりだ。

 佐藤が世界王者の実力を見せつけるのか、齊藤が必殺ギロチンで番狂わせを起こすのか。齊藤にとっては一気に世界王座へ近づくビッグチャンスとなった。

VTJでは体重オーバーの相手に敗れたが、修斗では5連勝中の松本(左)は星野(右)と対戦

 松本は昨年4月に王座を獲得し、9月の『VTJ』で王者第一戦に臨んだが、計量を約3kgオーバーした元UFCファイターのエフレイン・エクスデロに判定負けを喫した。しかし、修斗では5連勝(その前にHEATとBFCでも勝利しており7連勝)と勢いに乗っており、得意のスリーパーホールドがさえ渡っている。

 その松本とノンタイトル戦で対戦するのは国内外の様々なプロモーションを渡り歩く“津田沼の特攻隊長”星野大介(総合格闘技津田沼道場)。実に今回が5年ぶりの修斗公式戦出場となる。プロデビューから10年を数え、円熟味を増す星野が現在の修斗を代表する世界王者・松本に挑む。

齋藤(左)と久保村(右)が対戦

 また12月の新宿FACE大会で、約1年ぶりとなる復帰戦を白星で飾ったばかりの齋藤翼(総合格闘技津田沼道場)が連続参戦。長野で活動する久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)と対戦する。久保村は長いリーチ、距離から繰り出す打撃を得意とし、齋藤は相手の打撃をかい潜り常に前に出る事を信条とするブルファイター。体格的、スタイル的にも対照的な両者による2018年修斗のオープニングを飾る試合が決定した。

<追加決定カード>

▼バンタム級 5分3R
佐藤将光(坂口道場一族/修斗世界バンタム級王者)
vs
齊藤 曜(トイカツ道場)

▼ライト級 5分3R
松本光史(フリー/修斗世界ライト級王者)
vs
星野大介(総合格闘技津田沼道場)

▼フェザー級 5分2R
齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場)
vs
久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)

▼ジュニア修斗 52kg契約 4分1R
高野 蓮(総合格闘技ゴンズジム)
vs
小色寛大(心技館)

【大会・チケット情報】 1・28 株式会社サステイン「プロフェッショナル修斗 2018開幕戦」

●編集部オススメ

・ストロー級王者・猿田が二階級制覇目指し前田吉朗と激突

・世界王者・猿田への挑戦権をかけ、猿丸vs村田が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース