TOP > ニュース

【QUINTET】桜庭和志がプロ格闘技イベント旗揚げ

2018/01/29(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

桜庭がグラップリングの新イベントを主催。世界選抜チームによる5vs5勝ち抜き戦になるという

 PRIDEで活躍した桜庭和志(48=フリー)が2018年春に新プロ格闘技イベントを旗揚げすることが分かった。桜庭が自身のSNSで発表した。

 新イベントの名称は『QUINTET』(クインテット)。打撃を禁止とし、投げや関節・絞め技などの組み技でのみ戦うグラップリングマッチの大会となる。よりアグレッシブでよりスピーディーな、観客が観戦して面白い試合展開を目指して独自に開発したルールで競技を行う。

 戦いのスタイルは5vs5の団体戦で、勝ち抜き戦となる。1チームの総体重は420kg以内としているが、試合をする順番や勝ち抜き次第では70kgの選手と110kgの選手が戦う可能性も。世界中から選ばれた強豪4チームによるワンデートーナメントで優勝が争われる。

 桜庭は自身のSNSにて、すでに自分のチームメンバーを発表。元UFCヘビー級王者ジョシュ・バーネット(アメリカ)、所英男(リバーサル ジム武蔵小杉所プラス)、元DEEPライト級王者・中村大介(総合格闘技夕月堂本舗)、REAL初代ウェルター級王者マルコス・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)とチームを組み、世界からのチームを迎え撃つ。なお、各チームにはF1のようにそれぞれにスポンサーが付き、桜庭のチームにはスポーツサプリメントなどを販売するHALEOが付くことも決定。

「チームというものを作って、勝ち抜けて1人で2~3試合とかやるのは面白そう。やるのはきついけれども」と桜庭。ジョシュも「格闘技の中で全く新しいムーブメントとなって欲しい」とメッセージを寄せている。

 桜庭和志の新プロジェクト、新たなスポーツエンターテインメント『QUINTET』の全容は近日、記者会見などで発表される予定だ。

●『QUINTET』動画(1)プロジェクト説明


●『QUINTET』動画(2)所、中村チーム入りと競技説明


●『QUINTET』動画(3)ソウザのチーム入り

●編集部オススメ

・【UFC】桜庭和志が日本人初の名誉の殿堂入り

・【UFC】桜庭が殿堂入り式典に出席、観客総立ちに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース