TOP > ニュース

【UFC】佐々木憂流迦の8戦目が決定「やるぜ!」

2018/02/06(火)UP

4月大会への出場が決まった佐々木憂流迦。UFCで8戦目を迎える

 4月21日(土・現地時間)アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティで開催される『UFC FIGHT NIGHT』に、佐々木憂流迦(ささき・うるか/28=フリー)が出場することが決定した。

 佐々木は2013年1月に修斗環太平洋バンタム級王座(当時はフェザー級)を獲得した実績の持ち主。2014年8月からUFCに参戦し、現在までに3勝4敗の戦績を収めている。当初はバンタム級で試合に出場していたが、2016年5月の4戦目からフライ級に転向。昨年9月の日本大会では当時フライ級5位にランク入りしていたジュシエ・フォルミーガに1Rで一本負けしており、今回が再起戦となる。

昨年9月の日本大会で、佐々木は無念の1R一本負けを喫した

 その佐々木が対戦するのは、14勝1敗のプロ戦績を誇る元WSOFフライ級王者マゴメド・ビブラトフ(29=ロシア)。ポルトガルやロシアの団体で試合を重ね、2015年10月にはアメリカMMAの第三勢力として知られた『WSOF』(ワールド・シリーズ・オブ・ファイティング/現在はPFL=プロフェッショナル・ファイターズ・リーグに買収)で、フライ級王座を獲得している。

 UFCには昨年4月から参戦。デビュー戦では判定勝ちを収めたが、2戦目はフライ級タイトルマッチ経験者のジョン・モラガに1RKO負けし、これがプロ15戦目にして初黒星であった。こちらも佐々木と同じく、今回が再起戦となる。

 試合決定を受けて、佐々木は自身のSNSに「試合が正式に決まりました! 4月21日アトランティックシティでビブラトフ選手と戦います! どれだけ厳しい試合になろうとも、強い気持ちを持って臨みます! 日本からは遠く離れていますが、是非応援の程、宜しくお願い致します! やるぜ!」と意気込みを綴っている。

●編集部オススメ

・フォルミーガのチョークに佐々木が無念の一本負け

・佐々木憂流迦、ZST王者・藤原をスリーパー葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース