TOP > ニュース

【Krush】王者KANAに挑戦する美女ファイター・キム「彼女は私をKO出来ません」

2018/05/15(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

落ち着いた雰囲気のキム

 5月17日(木)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.88』で、Krush女子フライ級(-50kg)王者KANA(25=K-1ジム・シルバーウルフ)に挑戦する、WMC 52kgオセアニア王者キム・タウンセンド(29=オーストラリア)が、5月15日(火)都内にて公開練習を行った。
 
 Krush初参戦にしてKANAの初防衛戦の相手となったキムは、オセアニアを主戦場にし、ムエタイルールのタイトルを5つ獲得している実力者。戦績は31戦23勝(2KO)8敗で、構えはオーソドックスだ。
 
 公開練習のミット打ちではシャープな打撃を披露し「準備万端です」と話すキムは、Krushに参戦が決まった時の心境を「そうそう日本に来る機会はありません。今回の試合が決まった時には本当に嬉しかったです」と、喜びを語る。
 
 K-1ルールはキャリアの中で2回目との事だが「基本的にはムエタイスタイルですが、キックとパンチがベースのK-1スタイルでも問題無いです。(日本のファンに何を見せたいか?)K-1選手にあるように私にもスピードがあると自負していますので、そこを見てもらいたいです」と、ルールの違いは問題無い様子。
 
 対戦相手の王者KANAについては「正直なところあまり彼女を研究していませんが、何試合か試合を観た感想は、スピードがあってパンチを良く打つ印象です」と評したが、KANAがKO率が高い事を聞くと「良い事ですが、彼女は私をKO出来ません」と自信満々。
 
 予想される試合展開は「早い展開の試合になると思いますが、KOで勝つかは試合をしてみないとわかりません(初参戦でメインイベンターだが?)いつも試合に出る時は試合順が後ろの方なので、特に気にはしていません」と冷静に話した。
 
 日本で戦う上での目標を聞かれると「どこの国で試合をする時もまた戻りたい気持ちで戦っていますが、Krush自体とても良い団体だと思っているので、またKrushに戻って来られると良いな、と思います。(K-1にも上がりたい?)もちろん。K-1で試合が出来れば素晴らしい事だと思います」と意気込むキム。
 
 また、現在は遊園地で働いているとのことで、記者が「K-1の常連になれば格闘技のみで生計を立てられますよ」と言うと「仕事をしたくてしてる人って殆どいないのではないでしょうか(笑)。自分も出来れば仕事はしたくないので格闘技だけで生計が立てられるのであれば、それがベストです」と、笑顔でコメント。
 
 最後に「皆さん応援ありがとうございます。木曜日の夜はベストを尽くして楽しみたいです」とファンへメッセージを送った。
 

【大会・チケット情報】 5・17 Krush実行委員会「Krush.88」
 

●編集部オススメ

・王者KANAに挑戦するオセアニア美人キム「KO率が高いからって別に怖くない」

・KANAがKO宣言「プレッシャーを全部力に変える」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース