TOP > ニュース

【RISE】”スーパー瀧谷渉太”が政所仁に「ドカンと勝って盛り上げる」

2018/05/24(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ベテランの瀧谷(左)と新鋭の政所(右)が激突

 5月25日(金)東京・後楽園ホールにて開催の『RISE 124』のセミファイナルで対戦する、元Krush-55kg王者・瀧谷渉太(28=KSS健生館)と、DEEP☆KICK -53kg級2位・政所仁(19=魁塾)両者の試合直前インタビューが主催者を通じて届いた。

 初代・第二代Krush-55kg王者の瀧谷は2015年12月の試合を最後にリングを離れていたが昨年9月に復帰。3月の『RISE 123』でRISE初参戦を果たすも、デビュー以来全勝のホープ金子梓に判定負けを喫し初陣を勝利で飾れなかった。

 対する政所は昨年10月のRIZIN福岡大会で”西の神童”と呼ばれ、タイのテレビマッチTrue4Uの王者経験もある石井一成との打ち合いを制して勝利。今年2月の『RISE121』では元REBELS-MUAYTHAIフライ級王者・奥脇一哉からも勝利し波に乗る若手強豪だ。

 政所の印象を瀧谷は「本当に速くて、若い、イキイキした試合をする選手。ガンガン来る恐怖心もあるんですが、本当に噛み合ういい試合になると思うので、逆にやってみたい。勢いのある選手を倒して、自分が昇りつめてやろうという思いがあるので、凄くモチベーションは高いです」と勢いのある若手を倒し弾みにしたいと語る。

3月のRISEで無敗の金子梓と打ち合う瀧谷。強豪若手との連戦が続く

 -53kg級は王座新設も予定されており「王者になりたい気持ちはすごくあります。特に今回の政所選手は53kg戦線でもトップ選手だと思うので、ここで躓いているようでは53kgチャンピオンとか言っていられないので、政所選手を倒して、その勢いに乗って53kgのチャンピオンまで突っ走っていきたいと思います」と、今回勝って年内新設予定の王座を目指す。

 瀧谷はドラゴンボールが好きで「リアル悟空」を目指していると公言。悟空は強い相手と戦いどんどん強くなるが、瀧谷自身も「戦って修行してを繰り返してドンドン強くなって、気づいたら宇宙で一番強かったくらいになりたい。そしてまた新たな強い相手が出てきて、ドンドン高めていきたいと思いますね」と、これからも強敵と戦って強さを求めたいと話した。
 
 ファンに向けて「RISE2戦目で、前回の負けを払拭するような“スーパー瀧谷渉太”をお見せして、ドカンと勝って大爆発させ、会場を盛り上げたいと思います。押忍」と、敗戦を糧にして変身した自分を見せると意気込んだ。

”西の神童”石井一成に左ハイをヒットさせる政所

 一方の政所は瀧谷の印象を「ずっとアグレッシブに攻めてくる選手」と評する。「あとやっぱりタフな選手なので、しっかり1Rから倒しに行ける試合が出来たらいいなと思っています。向こうも攻めてくるから噛み合うと思うので、しっかり面白い試合をして、しっかり倒して勝ちたいなと思っています」と、積極的に来る相手に対し、真向勝負して倒すと宣言した。

 政所は、前回の瀧谷の試合を観ており「僕がアマチュアの時から知っている選手なので、観ていて応援していました。結構好きな選手でした。面白かったですね、ずっと殴り合って」と、瀧谷のことは以前から好きな選手だったという。今回も殴り合いの展開が予想されるが「でも僕は当てられずにしっかり倒していけたらなって思います」と、殴られずに倒すと語った。

 今後の目標は「出させてもらう試合には全部勝って、しっかりベルトも巻いていけたらなって思っています。今ベルトを巻けていないので、しっかりベルトを巻いて、チャンピオンらしい試合をしてずっと勝ち続けて行けたらなって思います」と、勝ち続けてベルトにつなげると意気込んだ。

【大会・チケット情報】 5・25 RISEクリエーション「RISE 124」

●編集部オススメ

・新鋭・金子梓が瀧谷を破る大金星、6連勝に

・石井一成、地元・福岡で新鋭に敗れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース