TOP > ニュース

【KNOCK OUT】菊野克紀を迎え撃つT-98「普通にやっつけないといけない」

2018/06/06(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

T-98(左)は得意のローキックで異種格闘技からの挑戦者を撃退することが出来るか

 6月8日(金)東京・後楽園ホールにて開催されるキックボクシングイベント『KNOCK OUT 2018 SURVIVAL DAYS』で、超異色のカードが実現する。

 元UFCファイターの菊野克紀(36=チームKIKUNO)が純キックボクシングルールに初挑戦。しかもその対戦相手はムエタイ世界最高峰ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者に輝いたT-98(32=たくや/クロスポイント吉祥寺)である。

 総合格闘技からの挑戦者を迎え撃つT-98は「最初に聞いた時はビックリしましたね。まさかそう来るかと思いました。昔からもちろん知っていて、体重が同じくらいというのも知っていましたが、まさかやることがあるとは思わなかったです」と、本人にとっても意外なカードだったと公式サイトでのインタビューで答えている。

ローキックと並ぶT-98の得意技はボディブロー

 オファーを受けた時は「いきなりキックデビュー戦で俺かよ、というのは思いましたね。僕は正直メリットよりもリスクの方が大きいので。向こうは負けて当たり前みたいな感じで(見られていて)、もちろん勝つつもりで来るとは思うんですけれど、リスクが多いのは僕なので、そこを上手く僕がプラスに変えられたらと思います」と不満もあったが、「純粋に格闘家として先輩で、尊敬・リスペクトするところはあるんですけれど、今回はキックルールなのでそこは僕がちょっと思い知らせてやらないといけないなと思っています」とキックボクサーとしてのプライドを見せる。

菊野がミックスルール(1Rキックルール、2RMMAルール)でKO勝ちしている長島☆自演乙(左)に、T-98もKO勝ちしている

 菊野の必殺・三日月蹴りについては「最初に三日月蹴りの存在を知ったのが菊野選手なので、昔から多分やっていますよね。それで流行った感があるので、本場の三日月蹴りがどんなものか楽しみです。俺に効くのかどうか。試合で受けたことはありますけれど、効いたことがないので、他の選手とどれくらいキレが違うのか、わざと受けてみたいと思います(笑)」と、余裕すら感じさせるT-98。

 試合展開については「ちょっと予想がつかないですけれど、向こうはスタイルを変えて来ないと思う。思いっきり噛み合わなければつまらない試合になるだろうし、噛み合えば良い試合になると思うので、お互い良いところを出し合って、二人で良い試合を作れたら良いなと思います。

ムエタイゴリラのT-98(左)と一撃必殺の拳を持つ菊野(右)が激突。まさに異種格闘技戦

 お客さんが盛り上がって、最後は僕が倒して勝てれば最高ですね。もちろんKOで勝つのがベストですけれど、普通にやって普通にやっつけないといけないレベルだと思うので、油断せずに普通にやって勝ちます。普通にKO勝ちで」と、普通に倒して勝つと言い放つ。

 そして「ムエタイ、キックボクシングの強さを皆さんに知らせたいです。異種格闘技戦でキック業界だけではなくて、総合の人やテコンドーの人、空手の人も見ると思うので、そこで僕の強さをいろいろな分野の人に見てもらいたいので、キッチリ仕留めて勝ちたいと思います」と、自分の強さを見せつけたいと話した。

【大会・チケット情報】 6・8 キックスロード「KNOCK OUT SURVIVAL DAYS」

●編集部オススメ

・菊野克紀がまさかの参戦、元ムエタイ最高峰王者T-98と激突

・長島のヒジにまさかの苦戦もT-98がKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース