TOP > ニュース

【シュートボクシング】計量クリアーの海人「ヒジの斬り合いにならない。僕だけが斬って勝つ」

2018/06/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メインイベントで対戦する海人(左)とジャオウェハー・シーリーラックジム(右)

 6月10日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシュートボクシング(以下SB)のシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2018 act.3』の前日計量が、9日(土)都内にて行われた。

 メインイベント(68.0kg契約)のヒジ打ちありルールで対戦する、SB日本スーパーライト級王者・海人(20=TEAM F.O.D)は67.75kg、MAX MUAYTHAIスーパーライト級王者ジャオウェハー・シーリーラックジム(32=タイ)は67.8kgで計量をクリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

計量をクリアーした海人

 階級を上げての挑戦となる海人は「いつもより階級、契約体重は上ですが、その分、減量も少なく、最後まで集中して追い込むことが出来たので今回はめちゃくちゃ自信があります」と絶好調をアピール。

 今回の相手ジャオウェハーは2016年4月に宍戸大樹の引退試合の相手を務め、3Rに強烈なヒジ打ちで宍戸をKO。さらに昨年4月にはKNOCK OUTのリングでWBCムエタイ日本ウェルター級王者・健太にも3Rに得意のヒジで切り裂いてTKO勝利している。

 海人は「ヒジはうまい印象ですが、僕はヒジはもちろん、パンチも蹴りも絶対に負けません」とどの攻撃でも上回っていると自信満々。「(お互いにヒジを得意としているが)ヒジの斬り合いにはなりません。斬ったとしても僕だけが斬って勝ちます」とTKO勝ちを予告した。

 また、昨日に行われた『KNOCK OUT』でのKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント準決勝では、SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭が4月に海人のヒジでTKO負けしている不可思に判定負けを喫したが、海人は「これからは僕がSBを背負っていくだけなので(鈴木の敗戦については)何とも思っていません。今回もそうですが、僕は他団体の選手にも勝っていきSBの強さを見せていきます」と現エースとしてSBの強さをしっかり見せていきたいと意気込みを語った。

 一方、ジャオウェハーは「度々SBのリングに呼んでいただきありがとうございます。今回も全力で戦います。ヒジの斬り合いは望むところ。怖くはありません」とこちらも自信を見せている。

【大会・チケット情報】 6・10 一般社団法人シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2018 act.3」

●編集部オススメ

・6連勝中の王者・海人が切り裂き男ジャオウェハーと激突

・ジャオウェハーが得意のヒジで逆転勝利、健太惜敗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース