TOP > 試合結果

【ライズ】極真・清水が大逆転のハイキックで王座防衛

2014/04/29(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

eFightの「RISE」特集
Dykiの一日密着やスパーリング動画、出場選手インタビューなど

▲清水(左)が右ハイキックで天田(右)に大逆転のKO勝ち

RISEクリエーション
「RISE 99」
2014年4月29日(火・祝)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第12試合) RISEヘビー級タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
○清水賢吾(極真会館/RISEヘビー級王者)
KO 3R1分47秒 ※右ハイキック
●天田ヒロミ(デジタルスピリッツ/RISEヘビー級2位・挑戦者)
※清水が初防衛に成功

 RISEヘビー級王者・清水が、K-1で活躍した天田を挑戦者に迎え、初防衛戦を行った。清水は極真空手で培った一撃必殺の蹴り技を持ち、14勝中13KOと脅威の殺傷能力を持つ。

 一方、天田は現在40歳で超ベテランの域に達しているが、未だ衰えを知らず、1月の後楽園大会で羅王丸を破って今回の挑戦権を獲得した。

 1R、天田が距離を詰め、清水にパンチの連打を浴びせて先手を取る。清水がガードを固めればアウトからフックを叩きつけ、相手が打って来ればインから右ストレートをカウンターで合せていくなど、いつもの天田らしい攻めを見せる。清水も距離が近くなるとヒザやミドルを返していくが、天田の手は止まらない。

 2Rも変わらず天田のパンチがヒット。さらにロープへ詰めて左ハイが頭をかすめるなど、清水にとっては苦しい展開が続く。天田の大きなフックをもらい、清水がヨロめく場面が増える。勢いを増す天田の攻撃に対し、清水の鼻から出血が見られる。

 3Rに入ってもスタミナが落ちない天田に対し、清水には明らかに疲労が見える。時おり、フックやヒザを打ち返すが、天田がパンチで攻め立てる展開は変わらず。しかしラウンドの中盤、天田の右ストレートにカウンターで繰り出した清水の右ハイがヒット! この一撃で崩れ落ちた天田を見て、レフェリーが試合を止めた。

 試合後、笑顔でファンに対して「もう1回やりますから!」と応える天田。一方、大逆転KOで王座防衛を果たした清水は、7月12日の『RISE 100』でヘビー級強豪との対戦をアピールした。


▲ソンヒョン(右)のパンチが麻原(左)にヒットする

▼セミファイナル(第11試合) RISEライト級タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
○イ・ソンヒョン(韓国/仁川ムビジム/RISEライト級王者)
判定2-0 ※49-48、49-49、49-48
●麻原将平(シルバーアックス/RISEライト級1位・挑戦者)
※ソンヒョンが初防衛に成功。

 RISEライト級王者の“コリアン・モンスター”ことソンヒョンが、初防衛戦で麻原と激突。ソンヒョンは昨年1月に裕樹を破り王座獲得。最近はRISEライト級より7kgも重い70kg級戦線で活躍し、今年のK-1 WORLD MAXではベスト4まで残る結果を出した(準決勝でブアカーオに判定負け)。対する麻原は1月の挑戦者決定トーナメントを制して挑戦権を手にした。

 1R、相手の様子を見ながら、単発のローを繰り出すソンヒョン。対する麻原は、相手の打ち終わりに、こちらもローを合わせていく。ソンヒョンは手数が少ない。麻原はパンチをかわして、必ずミドルやローなどを蹴り込んでいく作戦だ。

 2R、お互い手数も、明確なダメージを与える攻撃も少ない展開が続く。ソンヒョンがパンチかローで先手を取るも、麻原はそれに合わせて攻撃を繰り出すも、RISEルールではどちらもポイントになりづらい攻防に終わる。

 3R、変わらず単発のパンチとローを放つソンヒョンだったが、ここで麻原が繰り出す返しに合せて、自分が打ち終わりへの攻撃を狙っていく。次第にソンヒョンのローがクリーンヒットし、麻原のペースが落ちてしまう。

 4Rに入ると麻原がペースアップ。回転の速い攻撃で先手を取りに行くが、反対にソンヒョンの左右のストレートも、麻原の顔面を捉え始める。さらに麻原のパンチにローを合わせるなど、ソンヒョンも主導権を譲らない。

 最終5R、麻原が左右のミドルを中心に組み立てるも、ソンヒョンはガッチリとブロック。しかしソンヒョンも麻原のパンチにローを合わせるのみで、ダメージを与えるヒットは無し。

 難しい採点となったが、2-0の判定でソンヒョンが王座防衛を果たした。


▲延長戦、渡部(左)をコーナーに追い詰めて気迫の攻めを見せる長島(右)

▼第10試合 ウェルター級 3分3R延長1R
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2010 -70kg Japan Tournament優勝)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-9
●渡部太基(藤原ジム/RISEウェルター級1位、元WPMF日本ウェルター級王者)
※本戦は三者とも29-29

▲アニメ「空手バカ一代」の主題歌で、空手衣姿で入場した長島

 RISE初参戦となる長島は、日本拳法仕込みの鋭い攻撃を武器にK-1 MAX日本トーナメントを制した実力者。昨年末には、シュートボクシング両国大会にも参戦し、宍戸大樹からダウンを奪い勝利を収めた。

 その長島と対戦する渡部は殴って良し蹴って良しと、どの攻撃もKOにつながる一撃を持った激闘系オールラウンドファイター。

 1R、開始早々から長島がパンチを中心に前へ出る。サウスポーの渡部は、長島がパンチを繰り出し、体勢が崩れたところへ右フックから左ストレート。さらに相手をロープへ詰め、連打を浴びせる。

 2R、サウスポーとの距離感をつかんだか、長島の左右フックが次第に渡部の顔面を捉え始める。長島の猛攻に下がる場面が増え、さらにペースを奪われたことでスタミナも失い始めた渡部。長島は構わず前進とパンチを止めない。

 3R、長島の突進に対し、渡部が飛びヒザ蹴りをヒットさせるシーンもあったが、長島の前進は止まらず。前傾姿勢の長島と、迎え撃つ渡部が左右フックのド突き合いを繰り広げ、会場からは大歓声が沸き上がる。

 本戦では決着がつかず、試合は延長戦へ。変わらずド突き合いを展開する両者。しかしスタミナを消耗した渡部より、長島が手数で上回るようになる。長島のパンチのヒット率も高まり、次第に顔が腫れ上がっていく渡部。

 延長戦のジャッジは文句なく3-0で長島。試合後は、昨年11月に渡部を下してRISEウェルター級王者となったダニロ・ザノリニへの挑戦を希望した。


 

▲花田(右)は金城をロープに追い詰めて連打

 

▼第9試合 フェザー級次期挑戦者決定トーナメント決勝戦 3分3R無制限延長R
○花田元誓(リアルディール/RISEスーパーフェザー級1位)
TKO 1R2分46秒 ※右ヒザ蹴り
●金城 悠(シルバーウルフ/RISEスーパーフェザー級6位)
※花田が次期王座挑戦権を獲得。

 フェザー級王者・一刀への挑戦権を懸けたトーナメントの決勝戦。この日に行われた準決勝では、花田が石橋真幸に、金城が北薗翔大に判定勝ちで決勝に進出している。

 1Rが始まると、金城は大きく回り込みながら、前に出てくる花田に右ストレートを当てる。コーナーに詰まりながらも、真っ直ぐ繰り出す右がクリーンヒット。あるいは左右のフックを引っ掛けるようにして左右へ回り込み、正面からの打ち合いは避ける。対する花田もジワリジワリと金城を追いかけていく。

 花田がプレッシャーを強めると、金城の回り方も大きくなるが、右ストレート、左右フックを当てても花田は止まらず。

 ロープに詰められた花田が足を使って体勢を入れ替えたところで、コーナーを背にしながら花田が右ヒザ一閃! モロに喰らった金城はダウン。すぐさまレフェリーが試合をストップした。

 トーナメントを制した花田は「これまでスーパーフェザー級(-60kg)で戦ってきましたが、フェザー級(-57.5kg)トーナメントのオファーが来たので受けました。でもフィジカル差に頼って戦ってしまった」と反省するも、喜びもひとしお。

 6月1日には地元・福岡で『RISE WEST』第1回大会が開催されるが、凱旋出場はあるか?

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

eFightの「RISE」特集
Dykiの一日密着やスパーリング動画、出場選手インタビューなど

関連記事

関連記事をもっと見る≫

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
≫イベント日程はこちら
出場・参加者募集
アクセスランキング

 

Facebookもチェック