TOP > 試合結果

【Krush】大将・卜部も敗れ対抗戦は中国勝利

2017/07/17(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ノンストップの打ち合いを制したインホァ(右)

▼第6試合 日本vs中国・6対6全面対抗戦・第4試合 -67.5kg Fight 3分3R延長1R
〇ティエ・インホァ(中国/大東翔クラブ)
判定2-0 ※30-27、29-29、30-29
渡部太基(Golden Globe)

 中国国内で人気があるという激闘派のインホァと対戦するのは、日本の激闘派・渡部。

 1R、両者とも蹴りからパンチで積極的に前へ出る。パンチとハイキックが乱れ飛び、期待通りの打ち合いに。

 2Rもパンチとハイキックの打ち合いが続く。1Rよりも積極的に前へ出るのは渡部。左の前蹴りがタイミングよくインホァのボディを捉える。両者フルスイングのフックを繰り出し、場内もヒートアップ。インホァの左右フックをもらう渡部。

 3R、インホァの左右フックが連続ヒット。渡部もパンチとヒザで応戦するが、顔面への被弾が目立つ。終盤、打ち合いの中でインホァの右ハイがヒット。打ち合いもインホァのヒットが目立った。

 判定は2-0で打ち合いを制したインホァが勝利。対抗戦の戦績は2勝2敗のイーブンに戻った。インホァは「今回チャンスをものにしたので、またチャンスがあれば日本のリングでもっと強い選手と戦いたいです」と再来日を希望した。


瑠輝也(左)の打撃はひとつひとつに破壊力があった

▼第5試合 日本vs中国・6対6全面対抗戦・第3試合 -63kg Fight 3分3R延長1R
〇瑠輝也(るきや/TRY HARD GYM)
KO 1R 2分53秒 ※右飛びヒザ蹴り
●ドン・ザーチー(中国/大東翔クラブ)

 180cmとこの階級では長身の瑠輝也と対戦するザーチーは、中国国内で初代K-1ライト級王者ウェイ・ルイのライバルと目されている選手。

 1R、ザーチーは見るからに重そうな左右フック&右ローで攻める。瑠輝也はローとミドルを蹴っていき、右ストレートをヒットさせた後、一気に距離を詰めての右飛びヒザ蹴り。モロにもらったザーチーは目を見開いたままバッタリと倒れ、瑠輝也が豪快KO勝ちを飾った。

 瑠輝也は「今日KOが少ないので、みんなこれを見たかったですよね? K-1王者ウェイ・ルイのライバルに勝ったので、僕も世界のトップ選手だと胸を張って言えます」と高らかに宣言した。

●次ページ:佐野vsユン・チー、ジュングァンvs里見

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック