TOP > 試合結果

【ボクシング】怪物ロマゴンがマットに大の字、衝撃のKO負け

2017/09/10(日)UP

マットに大の字に倒れるロマゴン。衝撃のKO負け(Gettyimages)

 46戦全勝で4階級制覇し、今年3月にWBC世界スーパーフライ級の初防衛戦に挑んだローマン・ゴンサレス(以下、ロマゴン、30=ニカラグア/帝拳)だったが、元王者のシーサケット・ソールンビサイ(30=タイ)に判定負け。しかし、この判定について論争が巻き起こったため、WBCはダイレクトリマッチ(再戦まで他の試合を組まない)を指示。

 そして遂に9月9日(米国時間)、カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターにて、再戦となるWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチを迎えたが、ロマゴンはシーサケットの右フックでマットに沈み、4R1分18秒で衝撃のKO負けとなった。

ロマゴンが大の字に倒れなかなか起き上がれず初のKO負けを喫した(Getty images)

 1Rからシーサケットは左構えで前に前にプレッシャーをかけボディを中心に攻め、ロマゴンは様子を見て手数が少なめ。

 2R、シーサケットの左ボディがロマゴンの動きを止めるが、ロマゴンも左右フックを返していく。

 3Rにはシーサケットがロマゴンのパンチに構わずボディで前に出る。ロマゴンのパンチがヒットし打ち合いになるがシーサケットにダメージはない。

 4R シーサケットがボディ中心に攻める。ロマゴンはしっかりガードしているが、1Rからのシーサケットのボディ攻撃のダメージがあるのかほとんど手を出さない。 
 開始35秒、ロマゴンが右ストレートを出したため、ガードが下がった左顎にシーサケットの右フックが炸裂しロマゴンがダウン。
 立ち上がったロマゴンだったが、シーサケットの猛攻に防戦一方だったが、またもここでロマゴンが右を出したところでシーサケットの右フックが炸裂。大の字に倒れたロマゴンは立てずKO負け。リベンジはならなかった。

 勝ったシーサケットは前回の試合で論争が巻き起こったことについて「あれから4ヶ月間全力で練習してきた。今回はKOができると思っていた」と言い、次戦は元WBA、元WBO王者のエストラーダと言われているが、井上尚弥とどっちに興味があるかと問われると「誰でもいい、誰も怖くない」と自信満々に答えた。

編集部オススメ
井上尚弥がV6、アメリカ初進出をTKO勝利で飾る

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック