TOP > 試合結果個別

【UFC】阿部が逆転のダウン奪い日本人1勝目あげる

UFC
「UFC FIGHT NIGHT JAPAN」

2017年9月23日(土)さいたまスーパーアリーナ

▼第1試合 ウェルター級 53R
〇阿部大治(HMC/パンクラス・ウェルター級王者)
判定3-0 三者とも29-28
●イム・ヒュンギュ(韓国)

ダウンを奪い勝利した阿部(右)

 阿部は柔道でインターハイ優勝、国際大会でも入賞の実績を持ち、キックボクサーに転向すると2014年にJ-NETWORK初代ライトヘビー級王者に(当時のリングネームは大治ZLS)。

 その後はMMAに転向し、デビューからわずか2年、72日にパンクラス4戦目(MMAでは5戦目)でパンクラス・ウェルター級王座に就いた。

 対戦するヒュンギュは20149月に開催されたUFC日本大会で、第6代パンクラス・ウェルター級王者の佐藤豪則1R118秒、ヒジ打ちでKOしている選手だ。

 1R、まずはヒュンギュが右ストレートをヒットさせる。阿部はその右に左フックを合わせに行く。左フックをヒットさせてワンツーを叩き込む阿部。阿部のパンチでヒュンギュは両目の下が赤く腫れる。

 2R、阿部のジャブに対してヒュンギュが手を伸ばしたところ、サミングとなって一時中断。再開後、安部はワンツー左フックを放つが、飛び込んだところでカウンターの右フックをもらう。右ストレートも被弾する阿部だが、左インローを何度も蹴っていく。

 3Rも右フックをもらってバランスを崩す阿部。右ストレート、左フックも喰らい、自分のパンチは当たらない苦しい展開が続く。一発を狙っているのかあまり手が出ない。しかし、残り20秒のところで阿部の右フックがカウンターでクリーンヒット、ダウンを奪う。すかさずパウンドを打つ阿部。ヒュンギュが立ち上がると、終了直前には足払いでテイクダウンも奪う。

 阿部は「まずUFCに迎え入れてくれて関係者の皆さんありがとうございます。前足を潰してからパンチで行こうと思ったんですが、距離の取り方が上手くて最後まで見る感じになってしまいました。(最後のパンチは)カウンターの練習をしていたのでそのタイミングで当てました」と勝利者インタビューに答えた。

※全試合結果はこちら

●編集部おススメ
パンクラス王者・阿部大治「早く試合がしたくてウズウズしている」
初出場の阿部大治「年内にランカーと戦い、3年で王座に挑戦」

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 試合結果個別

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る