TOP > 試合結果個別

【RISE】内藤がKOで優勝、那須川天心とのリベンジマッチへ

2017/11/23(木)UP

RISEクリエーション
「RISE121」
2017年11月23日(木)東京・Tokyo Dome City Hall

MOMOTARO(左)と決勝戦、右ストレートでKO勝ちした内藤(右)

▼第11試合 メインイベント RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017決勝戦 3分3R延長2R
内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級王者)
KO 延長R 58秒 ※右ストレート
●MOMOTARO(OGUNI-GYM/WBCムエタイ・インターナショナル フェザー級王者)
※内藤がトーナメント優勝。

 10年ぶりに復活したDoAトーナメント(賞金200万円)の決勝戦は、シュートボクシング王者・内藤とWBCムエタイ王者MOMOTAROで争われた。内藤は1回戦で延長Rまで戦って原口に判定勝ち、準決勝は工藤に判定勝ちしての決勝進出。MOMOTAROは1回戦で宮崎に、準決勝は森本にそれぞれ判定勝ちしての決勝進出となった。

 奇しくも、前日に同じTDCホールで開催されたシュートボクシングの『GROUND ZERO』で行われたトーナメントの決勝戦同様、シュートボクシングvsNJKFという図式に。

 1R、MOMOTAROは距離を取りながらワンツーを出し、内藤はなかなか踏み込めないが攻撃をもらうことはない。お互いにハイキックを放つがこれもブロックして当てさせない。

 2Rも距離の取り合いとなり、お互いに詰めたり離れたりしてヒットが奪えない展開。両者ともディフェンスと距離の取り方が上手いため、優勢な場面を作れないでいる。

 3R、ここでMOMOTAROが踏み込んでの左ストレートをヒットさせるが、すぐに内藤も右ストレートを当て返す。残り1分で勝負に出たMOMOTAROがジャンプしての蹴りやヒザ蹴りを見せ、左ハイキックも軽くヒットさせる。

 しかし、終盤に内藤がパンチで前へ出てMOMOTAROに鼻血を出させる。さらにバックハンドブローも繰り出して互角の展開。

 本戦はジャッジ1名が内藤を支持したがドロー。延長戦に入る前、内藤はセコンドに就いていたシュートボクシング世界スーパーライト級王者・鈴木博昭から「獲るんだぞ!」と檄を飛ばされ「行くしかない」と覚悟を決めたという。

 その延長R、内藤は前に出てパンチで勝負をかけた。鋭い踏み込みからロープを背負ったMOMOTAROに右ストレートを打ち込み、ついにMOMOTAROからダウンを奪う。立ち上がったMOMOTAROだが再び大量の血が鼻から流れ落ち、内藤の右ストレートをもらってフラフラとロープにもたれかかる。ここでレフェリーから内藤のKO勝ちが宣せられ、内藤の優勝が決まった。

「凄く過酷なトーナメントでしたが、SBが強いことを見せられてよかった。このベルトのためにずっとやってきたので嬉しいですが、もう一人、戦わないといけない選手がいる。そこを目指して頑張ります」と、内藤は嬉し涙を流しながらマイクで語った。

 試合後のインタビューでその「戦わないといけない選手」とは、2015年8月のBLADEトーナメント決勝で対戦した那須川天心だと話した内藤(那須川が1RでKO勝ち)。「僕がいま頑張れているのはそれがあったから。2年前に負けて、そこだけを目指して頑張ってきました。いつでも出来るように準備をしておきます」と、那須川へのリベンジを誓った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ
・森本狂犬と翔貴がヒートアップ、あわや乱闘に

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 試合結果個別