TOP > 試合結果個別

【RIZIN】ケイプがマッコールを大流血に追い込み大番狂わせのTKO勝ち

2017/12/29(金)UP

ケイプ(右)が野性的な動きでマッコール(左)を翻弄した

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」
2017年12月29日(金)さいたまスーパーアリーナ

▼第11試合 RIZIN MMAトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント2nd ROUND第1試合
○マネル・ケイプ(アンゴラ)
TKO 1R 1分46秒 ※レフェリーストップ
●イアン・マッコール(アメリカ)

 トーナメント1回戦で山本アーセンから野性味あふれるファイトスタイルで衝撃の初回KO勝ちを飾ったケイプ。そのケイプがトーナメント組み合わせ抽選会で自ら選んだのが、2nd ROUNDからの参戦となったマッコールだ。

 マッコールはレスリングをバックボーンに持ち、2012年からはUFCに参戦。UFCフライ級ランカーとして活躍し、V12を達成した無敵の現王者デメトリアス・ジョンソンと唯一引き分けた男である。

 ケイプはそのマッコールを挑発しまくり、前日計量でも乱闘騒ぎを起こして因縁は頂点に達している。

 1R、マッコールは左右ローキック、ケイプは突っ込んで左右フックを繰り出す。タックルに行くマッコールにケイプは右のヒザ蹴りを突き上げる。テイクダウンされるとケイプはフロントチョークの体勢に。マッコールは大流血し、ペッシは絞め続けるが極まってはいないようだ。

 試合は一旦ストップとなり、マッコールにドクターチェックが入る。ここでドクターからストップがかかり、ケイプがTKO勝ち。優勝候補の一角であるマッコールを破る大番狂わせを演じてみせた。

「祖国アンゴラを代表してこの国に来ました。今までの血を流した努力が報われた。こうなることは分かっていたし、それが確実なものになっただけです。勝利したい気持ちでいっぱいです。ガブリエルは友人なので当たらないようにしたいが、そうなったらなったで戦うだけです」と勝利者インタビューに答えたケイプは「日本の女の子、一緒にパーティーしようぜ、待ってるよ」ともアピールした。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別