TOP > 試合結果個別

【DEEP】MMAの神童・高橋誠が強敵・石橋を退ける

2018/02/24(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

MMAの神童・高橋(右)がアグレッシブに攻め続け完勝を収めた


DEEP事務局

「DEEP 82 IMPACT」
2018年2月24日 (土)東京・ディファ有明

▼第6試合 DEEPフライ級 5分3R
○高橋 誠(パラエストラ松戸)
判定2-1 ※30-27、28-29、30-27
●石橋幸太(総合格闘技道場DOBUITA)

 高橋は、RIZIN女子アトム級トーナメント決勝戦でRENAを絞め落とし、優勝した浅倉カンナと同門。浅倉と同じくレスリングをバックボーンに持つ。15歳でプロデビューし、打撃&タックルの強さでデビュー以来5戦無敗。今後RIZINにも上がって来るであろう17歳のスーパー高校生である。

 その高橋を迎え撃つ石橋は2007年に高校生でプロデビュー。スーパー高校生として注目されたが、怪我に泣かされることが多くコンスタントに試合が出来ないことも。それでも実力は高く評価されており、現フライ級王者・越智晴雄と引き分けたこともある。

 1R、石橋が高橋の蹴り足をすくってテイクダウンを奪うが、高橋にネルソンで固められて何も出来ない状態が続く。終盤、石橋が身体を起こしてパウンドを打ちに行くと、高橋はフロントチョークの体勢になる。

 2Rはお互い単発に繰り出す打撃の展開となるが、終盤に高橋が組み付いてのフロントチョークの体勢を作った。

 3Rも石橋がテイクダウンを奪うが、押さえ込みから先に進めない。高橋は下からのフロントチョークを狙う。両者立ち上がると打撃の展開となり、高橋がパンチと蹴りで前へ出て攻め続け、判定2-1で強敵から勝利を収めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・浅倉カンナの後輩・無敗の17歳が元スーパー高校生に挑む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別