TOP > インタビュー 一覧

 1月14日(月・祝)に開催される『Krush Grand Prix 2013』の初代 -67kg級王座決定トーナメント1回戦でTacaと対戦する久保優太(Fighting Kairos)。強豪揃いのトーナメントで久保は優勝できるのか。しかし、70kg級で世界一になることを最終目標としている久保はここで立ち止まっているわけにはいかない。(取材日:2013年1月2日)

PROFILE
久保優太(くぼ・ゆうた)
1987年10月19日、東京都立川市出身
身長175cm 試合体重63kg
2005年1月22日、ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)でプロデビュー
2009年11月2日、「Krushライト級グランプリ2009」ではリザーバーながら準優勝
2010年7月5日、「K-1 WORLD MAX 2010 ~-63kg Japan Tournament FINAL~」では決勝戦で大和哲也に敗れ、優勝を逃す
2011年7月5日、「K-1 WORLD MAX 2011 ~-63kg Japan Tournament FINAL~」では才賀紀左衛門、野杁正明、卜部功也を下して優勝
同年9月25日、「K-1 WORLD MAX2011」大阪大会でヨーロッパ王者アンドレ・ブルールに判定3-0で勝利を収める
2011年12月31日、「元気ですか!! 大晦日!! 2011」でニルス・ヴィーランド(スウェーデン)を3RKO
2012年2月17日、「Krush.16」でシャルル・フランソワ(フランス)をKOし、ISKA世界ライト・ウェルター級王座を獲得
2012年8月26日「Krush.22 ~in NAGOYA~」で大和侑也を2RKO、これで11連勝
戦績:39戦34勝(16KO)4敗1分
Fighting Kairos所属


63kg級でやっていた頃と比べてスピードアップ!

――久保選手にとって2012年はどういう1年でしたか?

「2011年の後半から海外の強豪選手と連戦できて、結果勝つことが出来ました。と同時に、70kg級に階級を上げるという新しい目標も設定し、2012年の最終試合となった8月に初の66kg級にチャレンジして手応えも感じられたのでいい1年でした」

――現在11連勝ですが、連勝の秘訣は何でしょうか。

「ただ勝つだけではなく、常に上を見て前回の試合よりも進化した自分をお客さんに見せたいという目標を持つ。しっかりと練習に取り組めたので結果として残せているのかなと思います」

――ここまで連勝記録が続くとプレッシャーを感じたり、慢心になったりしないですか。

「連勝にこだわるというよりは、強くなりたいと思いながら常に全力でサポートしてくれている方々と一丸となって試合に臨んでいるのでプレッシャーは感じませんし、慢心も出てきません。次もチャレンジだと思っています」

――現在トーナメントに向けてどういう練習に取り組んでいますか?

「今はちょうど追い込みの時期なので凄くハードなトレーニングをしています。今回は前回よりも1kg重い階級で試合をしますけど、身体も大きくなっていて来週から減量もそろそろ始めます」 

――身体が大きくなってスピードが落ちることはないですか。

「身体の重さは感じていなく、筋肉が付いたことでパワー、スピードが付きましたね。筋肉を付けてスピードが落ちてしまう選手はいると思うのですが、HOGUMIの古家トレーナーにスピードアップを目的とした筋肉を付けるトレーニングを見てもらっています」

――63kg級でやられていた頃よりも、スピードは上がっている自信はありますか?

「そうですね、スピードが付いている手応えは感じています。普段の練習でやっているステップ、シャドーでもスピードアップを考えながらやっています。短距離走でも以前より早い記録を出しています」

・・・

久保優太インタビュー内容
■第1章 63kg級でやっていた頃と比べてスピードアップ!
※以下、会員の方のみご覧になれます。 
第2章 強豪揃いのトーナメント。意識しているのは……
第3章 目標は70kg級の世界一。階級変更はいつ?

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧