TOP > ニュース 一覧

【Krush】寺戸伸近、王座奪取に自信「自分の方がチャンピオンにふさわしい」

2016/02/23(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習でミット打ちを行った寺戸(右)

 3月20日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.64』にて、Krush-55kgタイトルマッチで第4代王者・堀尾竜司(TRY HARD GYM)と対戦する挑戦者・寺戸伸近(Booch Beat)が2月23日(火)都内にて公開練習を行った。

 昨年4月、K-1 WORLD GP -55kg初代王座決定トーナメント準決勝で大雅に3RKO負けして以降、試合から遠ざかっていた寺戸。公開練習ではシャドーとミット打ちを行い、仕上がりの良さを伺わせた。

「自分の中でスタイルチェンジとまではいかないが、試合を見た人は『いつもの寺戸と違う!?』と思うかもしれない。試合のない期間に視野を広げて格闘技を見つめたことで、しっかりした気持ちで格闘技に臨めるようになった」と約11カ月のブランクは意味のあったものだという。

 堀尾については「チャンピオンを決めるトーナメントでしっかりKOしてトーナメント制覇していた。強い選手ばかりいた中で結果を残していたのは凄いことだと思う」と高評価するが、「僕が上回っている部分はないが、全ての面で上回っていれば自分が勝つと思う」と自信を見せる。

「Krushのタイトル挑戦は何度かやってつまづいて縁がなかったが、自分がKrushのベルトを巻かないといけないと思っている。堀尾よりも自分の方がチャンピオンにふさわしい」とベルト奪取を宣言。

 2003年にデビューして今回が48戦目となる寺戸だが、「格闘技を始めたのは遅かったが、まだノビシロはある。この歳でもまだ出来るのを見せていきたい」とした。

●編集部おススメ記事
寺戸がISKA世界フェザー級タイトル3度目の防衛に成功
“しぶといおっさん”寺戸、背水の陣で臨む

【大会・チケット情報】 3・20 グッドルーザー「Krush.64」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧