TOP > ニュース

【RIZIN】浅倉カンナ「RENAさんの寝技は怖くない。バシッと極めたい」

2018/07/18(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ONE世界ストロー級王者・内藤のび太(左)を相手にマススパーを行う浅倉(右)

 7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』で、シュートボクシング世界女子フライ級王者RENA(27=シーザージム)との再戦に臨むRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者・浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)が18日(水)千葉県内で公開練習を行った。

 人型サンドバッグにタックル&テイクダウンを繰り返し、すぐにミット打ち。そしてONE世界ストロー級王者・内藤のび太とのマススパーとノンストップのトレーニングを公開。

「この暑さで集中力を持っていかれそうになりますが、集中力は高まっています」と猛暑にも負けず好調を維持していると浅倉。

 7月6日に開催された『SHOOTBOXING Girls S-cup~48kg世界トーナメント2018~』でのRENAとエレイン“パンテラ”リアル(29=ブラジル)の試合を観戦した感想は、「打撃を本当に効かせていましたね。そこに付き合わないように組み立ててていかないといけない」とRENAの打撃を警戒するが、「寝技は怖くなった部分は見えなかったので、打撃に注意します。三角絞めや腕十字が入りそうになっていましたね。寝技ではRENAさんが上でも下でも怖くない。私はあそこでバシッと極めたいですね」と寝技での自信をのぞかせる。

 その試合でRENAは黒いコスチュームを着用し、サッカーボールキックや踏みつけを見せて“黒いRENA”で怖さをアピールしたが、「RENAさんは年末以上に気合いが入っているのが分かるので、そこは怖い部分もあります。でも、そこに惑わされず自分のペースでいつも通りにやっていきます」とRENAのペースには乗らないとした。

 下馬評では前回チョークスリーパーで一本勝ちした浅倉有利の声が多いが、「周りの評価はそこまで気にしてないです。いつも通りの感じです。緊張するわけでもなく、いつも通りにやれています」とプレッシャーもないようだ。

 合同で公開練習を行い、同大会で堀口恭司(27=アメリカン・トップチーム)と対戦する浅倉と同門の扇久保博正(31=パラエストラ松戸)は「またチョークで勝つんじゃないですか。同じような展開になるんじゃないですかね」と、浅倉が返り討ちすると予想。

 また、夏をどう楽しみたいかとの質問に浅倉は「いろいろやりたいですね。海に行きたいです。試合が終わってから夏らしい遊びをしたい。試合前にキツい思いをしたらそれも楽しくなるので、試合前はいかに苦労するかですね」と、試合後のオフを楽しみにして今は苦しい練習に耐えると語った。

【大会・チケット情報】 7・29 RIZIN FF事務局「RIZIN.11」

●編集部オススメ

・浅倉カンナvsRENAの再戦が正式決定、RENAは7月2連戦

・浅倉カンナvsRENA、ヒジありルールは両陣営からの希望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース