TOP > ニュース 一覧

【K-1】上原誠「負けたら自分自身に戦力外通告する」

2018/09/24(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

8選手によって初代王座がトーナメントで争われる

 9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、23日(日)都内にて13:00より行われた。

 今大会では新設されたクルーザー級(-90kg)の初代王座決定トーナメントが日本人4選手・外国人4選手によって争われる。計量は全選手が1度目でクリアー。以下、出場各選手のコメント。

▼K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント1回戦第1試合 3分3R延長1R

OD・KEN(ReBORN経堂)
「明日は1試合1試合しっかり倒しに行く試合をします。クルーザー級らしく盛り上がる試合をしていきます。さっきフェイスオフした時に顔がめっちゃ近くて怖かったです(笑)。20cm近く自分よりも大きいですが、しっかり作戦を立てているのでいい試合になると思うので期待してください。自分は1回戦を勝つのが難しいし、頑張らないといけないので決勝のことは考えていなかったんですが、杉本選手にKO負けしているのでリベンジしたいから杉本選手に上がってきて欲しい」

シナ・カリミアン(イラン/WSRフェアテックス・イラン/WKNアマチュア世界ヘビー級王者)
「明日の試合をぜひ見てください。相手は凄く強そうに見えたけれど、自分は絶対に負けない。子供の時にK-1で試合することを夢見ていたので、試合に出られるので幸せになりました。半年くらい練習を頑張って来たので、絶対に優勝します」

▼K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント1回戦第2試合 3分3R延長1R

K-Jee(K-1ジムFUKUOKA)
「とてもいい準備が出来ました。明日が楽しみです。自分が知っているブライアンより厚みのある身体だったので、しっかり仕上げてきたなと思いました。いい目もしていました。僕が知っているブライアンよりも強いブライアンで来ると思うので楽しみです。決勝戦のことはイメージしていませんが、上原選手と出来たらいいなと思っています。でも決勝に上がってからイメージします。まずは1試合目を頑張ります」

ブライアン・ミクグラス(アメリカ/上州松井ジム/WPMF日本ライトヘビー級王者)
「今回の試合に向けて厳しいトレーニングをしてきました。みんなが満足する素晴らしい試合を見せます。ここにいるのはベストな選手たちです。明日は皆さん、期待していてください。K-Jee選手と対峙して感じたのは明日に向けて準備が出来ていると感じました。私も今回のために準備して来ました。試合を楽しみましょう。トーナメントは何が起こるか分からないので決勝をイメージするのは難しい。私がイメージしているのは1回戦に勝つこと。あえて言うなら杉本選手と試合をしたいですね。彼はテクニカルでアグレッシブで、リング外でもいい選手なので相性がよさそうです」

▼K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント1回戦第3試合 3分3R延長1R

杉本 仁(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/RISING ROOKIES CUP 2013ヘビー級優勝)
「トーナメントへ向けていい準備が出来たので、明日はいい試合を見せられると思います。計量の時に対峙しましたが、思った通りに身体がしっかりしていて身長も高くて、明日はいい試合が出来ると思います。しっかり仕上げてきたと思うので決勝で戦うイメージは出来ていますが、勝ち上がってきた選手と出来ればいいと思います。決勝は気持ちの勝負だと思うので、そこは頑張りたい。自分がもし決勝でやるとすれば1回負けているK-Jee選手とやって、リベンジ出来れば一番いい形でベルトを巻けるかなと思っています」

アンドレ・グロース(イギリス/Firewalker Gym/ISKAイギリス・クルーザー王者)
「今すぐにでも試合をしたいくらい準備が出来ています。そのベルトは自分が持って帰る。1回戦の相手と対峙できて嬉しい。相手が誰であろうと関係なく誰であろうと私が勝つ。先のことは考えておらず、1試合目に集中することしか考えていません。勝ち上がるのはハートもフィジカルも強くないといけないので、勝ち残った選手が一番強いということです」

▼K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント1回戦第4試合 3分3R延長1R

上原 誠(士魂村上塾/K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント第3位)
「明日の試合のためにずっと練習して来ました。日本人では僕が一番強いと思っています。外国人では僕の1回戦の相手が一番強いと思っています。1回戦が決勝戦だと思っているので、明日は勝ってチャンピオンベルトを巻きたいと思います。

 対戦相手が変わって短い期間で準備してきてくれたことに感謝しています。いい顔をしていたのでお互い全力で出し切る試合をしたいと思います。決勝には多分、イラン(シナ・カリミアン)が来ると思っています。来たら来たで倒すだけ。これくらいの身長の選手は(練習に行った)オランダにゴロゴロいて、練習で戦ってきたので倒すイメージは出来ています。

 僕は今33歳で、今年34歳になります。格闘技歴は12年ありますが、一生懸命頑張っていますが、少しずつ成長しなくなってきたと感じています。僕は少しでも衰えていると感じた場合は、プロとして続けない方がいいかなと昔から思っています。格闘技にはありませんが、プロ野球には戦力外通告があります。自分自身で、このトーナメントで負けた場合は戦力外を通告したいと思っています」

マシニッサ・ハマイリ(フランス/Hennion gym/WLF 世界クルーザー級王者)

「自分も明日に向けて今すぐ試合が出来るくらい準備が出来ています。明日は勝ちたいです。上原選手を見て準備が出来ていると感じましたが、私も明日に向けて準備は万端。上原選手が100の力で来てくれることを願っている。私は勝ちに飢えているので必ず勝つ。まずは1回戦の相手のことしか見ていません。勝った後に先のことを考える。誰が自分の前へ来ようとも倒すだけです」

●編集部オススメ

・クルーザー級初代王座決定トーナメントに全てを懸ける上原誠「負けたら引退」と断言

・クルーザー級を新設、初代王座決定トーナメント開催

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧