TOP > ニュース

【修斗】49歳でプロデビューする牛の獣医、対戦相手は初勝利目指す41歳

2018/10/24(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メインイベントでは山本健斗デリカット(右)が長南の弟子・工藤諒司と対戦する

 10月26日(金)東京・新宿FACEで開催されるMMA(総合格闘技)イベント『SHOOTO GIG TOKYO Vol.26』の全対戦カード&試合順が発表された。

 メインイベントを飾るのは、今年6月にTOMAと第9代環太平洋フェザー級王座決定戦を争ったが惜しくも敗れた山本健斗デリカット(24=総合格闘技道場コブラ会)と、長南亮代表が自信を持って送り込むフェザー級の新星・工藤諒司(25=TRIBE TOKYO M.M.A.)の一戦。

2009年からナイスミドルに参戦し、2016年にライト級王者となった奥平

 セミファイナルでは、昨年度修斗フェザー級新人王で今年から活動拠点を東京に移した星野豊(和術慧舟會HEARTS)が高橋孝徳(和術慧舟會AKZA)と対戦。高橋はこれで今年4戦目。試合ごとに調子を上げている注目のシューターだ。

 また、第2試合では異色の新人がデビュー戦を迎える。その新人・奥平季之(クロウフォレスト)はなんと49歳。普段は栃木県那須地域で牛の獣医をしており、自身のSNSでは中年格闘技愛好家を名乗る。柔術は青帯を持ち、35歳以上限定のキックボクシングイベント「ナイスミドル」では元ライト級王者、2017年アマチュア修斗全日本選手権ではバンタム級3位に入賞して、史上最年長でのプロ昇格を決めた。

ナイスミドルの試合でミドルキックを蹴る奥平(右)

 奥平は所属ジムの阿部健太郎代表が慢性骨髄性白血病を患い今年初めに長期入院した際、「何とか元気づけたい」とプロ昇格を決意したのだという。対戦相手の輝龍(roots)も41歳で、5敗1分の戦績から初白星を目指し奮闘中のアラフォー選手。40代同士のそれぞれの想いを背負った戦いとなる。

【大会・チケット情報】 10・26 サステイン「SHOOTO GIG TOKYO Vol.26」

●編集部オススメ

・苦労人・金物屋の秀 3連敗からの復活目指す 

・世界10位の安藤達也、ピンチ脱出しパウンドの猛攻で勝利「格闘技は甘くなかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース