TOP > ニュース 一覧

【訃報】空手家であり、敵役俳優でも名を馳せた石橋雅史氏が死去

2018/12/22(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

道場で空手を指導する石橋氏(左)=2015年6月撮影

 俳優で空手家の石橋雅史(いしばし・まさし)氏が12月19日(水)に心不全により死去した。85歳だった。近年は心臓が弱り、今年に入って入院。退院後の5月のブログには、体調がなかなか戻らないことを綴りながらも「不死鳥のように頑張る」と力強く宣言していた。

 石橋氏は1933年1月4日、福岡県出身。日本空手道 剛柔会顧問、剛柔会八段・極真会館七段。本名、石橋雅美(いしばし・まさみ)。

稽古後、爽やかな背顔でインタビューに答える石橋氏=2015年6月撮影

 日大芸術学部で空手部のキャプテンを務めながら、立教大学裏にあった大山道場(極真会館の前身)でも、多忙にあった大山倍達の代わりに師範代として道場生たちを指導。“円を描く流麗な組手”と形容され、変化自在な足技を得意とした。道場を預かっている身として道場破りを自ら撃退したエピソードも多数残っている。

 大学卒業後は俳優の道へ進み、千葉真一主演の『激突!殺人拳』(1974年)などの殺人拳シリーズに敵役として出演。『水戸黄門』などの時代劇シリーズ、『ジャッカー電撃隊』などの特撮スーパー戦隊シリーズでの名悪役として知られた。 

かつては大山道場の師範代として多くの門弟を指導。極真空手の基盤を作った

 晩年まで空手の稽古を欠かすことなく、今年体調を崩すまで府中市内の体育館で指導をしていた。

 通夜は25日(火)18:00から、葬儀・告別式は26日(水)11:00から。
 いずれも東京都調布市飛田給の飛田給メモリードホールで行われる。

●編集部オススメ

・【訃報】オランダ格闘技の祖、ジョン・ブルミンが死去

・【訃報】極真空手伝説の男・大山茂 逝去

・極真伝説の大山道場の航空写真と道場跡を巡る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧