TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥が計量パス、過去最強の相手ロドリゲスは強気の姿勢

2019/05/18(土)UP

前日計量をパスした井上(左)とロドリゲスがフェイスオフで火花を散らす。無敗同士の対決の結果やいかに

 WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)とIBF世界バンタム級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)がWBSSの決勝進出をかけ明日18日(日本時間19日早朝)、ボクシング発祥の地イギリスで拳を交える。

 両者は前日計量に臨み、共に53.5kgのバンタム級リミットから100gアンダーで無事に秤を降りた。

 井上は「向こうも良い具合に仕上げてきている。過去最強の相手と言ってもいい。しっかり勝って次につなげます」と落ち着いた様子語った。

計量をパスしマッスルポーズをとる井上

 一方のロドリゲスは「この試合に向けて50から60ラウンドのスパーリングでしっかりと調整できた。明日の試合で勝ち、チャンピオンのまま帰国する」と最後まで強気の姿勢で会場を後にした。

 無敗同士の両者の結果は果たしてどうなるのか。イギリス・グラスゴーのSSEハイドロでゴングが鳴る。
(取材・撮影:植田洋介)

[戦績]

エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)
IBF世界バンタム級王者
19戦19勝(12KO)

井上尚弥(26=大橋)
WBA世界バンタム級王者
17戦17勝(15KO)

・井上尚弥のWBSS準決勝はWOWOWで生放送、オンライン簡単申し込みはこちら

●編集部オススメ

・井上尚弥がWBSS準決勝へ向け順調な調整、連続KOに自信

・モンスター井上尚弥が勝ち続けるイメトレは相手への過大評価

・まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

・井上尚弥が衝撃KOシーンを解説、70秒のドラマ

・WBSS代表、井上尚弥を「ここ2試合の世界戦で182秒しか戦っていない、凄くないか!?」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース