TOP > ニュース 一覧

【K-1 KRUSH】王者・晃貴が元ボクサーの佐々木洵樹をパンチでKO宣言「自分はいつでも打ち合い上等」

2019/11/05(火)UP

晃貴は元ボクサーの佐々木とのパンチ対決を意識しパンチ中心のミット打ちを披露(C)M-1 Sports Media

 11月8日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『K-1 KRUSH FIGHT.107』に出場する晃貴(21=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が2日、神奈川県内において公開練習を行った。

 晃貴は1分半のミット打ちを披露。「追い込みも終わって疲れを抜いている」という段階の晃貴は、パンチを中心としたコンビネーションを打ち込み、パワフルな打撃から調整の順調さを感じさせた。

同門の兄貴分・武尊さながらの膝蹴りを得意とする晃貴

 今回の一戦は晃貴が持つK-1 KRUSH FIGHTバンタム級王座の2度目の防衛戦。挑戦者はプロボクシングで23戦19勝(7KO)の戦績を持つ佐々木洵樹(28=POWER OF DREAM)だ。K-1グループ3戦目で早くもタイトル挑戦を決めた佐々木。晃貴自身にとって初のサウスポーとの対戦となるが、晃貴は「サウスポーの選手とたくさんスパーをして、サウスポー対策は万全にしてきました」と対策に余念はないと自信を見せた。

「最後はパンチで倒したい」と元ボクサー・佐々木の土俵でKO勝利を宣言した(C)M-1 Sports Media

 晃貴は今年6月にK-1本戦のリングに上がるも、サンベル・ババヤンにダウンを奪われ判定負けを喫し、初戦を白星で飾ることはできなかった。その時の無念を晴らすべく、「今回しっかりベルトを防衛して、K-1の常連になりたい」とK-1再参戦に意欲を見せる。「相手がボクサーでも、自分はいつでも打ち合い上等なので、打ち合いをして勝てたら最高ですね」と守りに入らず真っ向勝負の構え。「ボクサーにパンチで勝ったらすごく盛り上がると思うので、最後はパンチで倒したい」と相手の土俵に上がった上でのKOを宣言した。

☆11.8 KRUSH対戦カード・試合順、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・[前回の試合]晃貴、武尊を彷彿とさせるパンチと膝蹴りで初防衛に成功 =2019年4月

・期待の19歳美女ファイター・菅原美優が計量パス、KANAとの”約束”に向け勝利を

・2度目の防衛目指す晃貴、元プロボクサー佐々木洵樹と「バチバチ殴り合う」

・早くもタイトル戦の元プロボクサー佐々木洵樹「絶対に倒してベルトを獲る」

・11.7 井上尚弥vsドネアのWBSS決勝、拓真vsウバーリ戦をフジで生中継

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧