TOP > ニュース 一覧

【UFC】最強王者ジョン・ジョーンズに無敗レイエスが挑む一戦「JJが驚かせてくれることを期待」(高阪剛)

2020/02/08(土)UP

最強王者ジョン・ジョーンズにレイエスが挑む一戦に「ハイレベルな戦い」と高阪氏は期待を寄せる

 2月9日(日・日本時間)アメリカ・ヒューストン・トヨタ・センターにて開催される『UFC247』。この大会は当日午後0時よりWOWOWにて生中継されるが、同番組で解説を務める、日本人UFCファイターの先駆けであり、現役総合格闘家である高阪剛(49)が見どころを語った。

 メインイベントは王者ジョン・ジョーンズ(32=アメリカ)が12戦全勝のドミニク・レイエスを挑戦者に迎えるライトヘビー級のタイトルマッチ。最強王者として名高い”JJ”に無敗のホープ・レイエス(30=アメリカ)が立ち向かう好カードに、高阪も「これは本当に楽しみ」と期待を寄せる。

 ジョーンズはUFCパウンド・フォー・パウンドランキング1位と、最強中の最強の呼び声が高い。そんなジョーンズは2018年12月に約1年半越しの復帰を遂げているが、それ以前の戦い方に比べ「ちょっと物足りない」という声も上がっているという。それについて高阪は「以前のように超アグレッシブに攻めるシーンは少なくなってはいます」とその声を肯定。

12戦無敗のレイエスは最強王者の牙城を崩せるか

 しかしその上で「アグレッシブな攻めを信条としていた選手がディフェンシブな戦い方に替えると、大概やられます。しかしJJがそうなっていないということは、無駄のない攻めができている」と、ジョーンズが”大人になった”ことを示唆した。その結果、対戦相手に攻め込ませる隙を見せない戦い方となり「相手からしたら”俺は何をやればいいんだ?”ってなりますよ」と、対戦相手を苦しませることになっているという。

 そんなジョーンズに対するレイエスに対し「負け知らずできて、しかも上り調子。心身ともにバランスが取れている」と高阪は高評価。ステップを踏みながら放ったパンチでダウンを奪っている試合に触れると「身体が勝手に反応して動いてくれる状態。これをJJ相手にできるかどうか。得意の左ストレートを当てるために、どこで何をするかが一つのポイント」と、試合を左右するレイエスの左ストレートの出しどころを分析した。

 高阪はカウンターの取り合いの中でも、ジョーンズがレイエスの術中にはまらないと予想。「JJが『いける』と思った瞬間に、レイエスが冷静に切り返して得意の左ストレートを入れることができるかもしれない。ただ個人的には、JJがその想像を超えるような戦いをして、 驚かせてくれることも期待しています」と、勝敗予想はジョーンズ有利と見た。
「いずれにしても相当ハイレベルな戦いになることは間違いない」とした高阪の予想通り、最強のジョーンズと無敗のレイエスによる、壮絶な一戦が期待される。

4連勝中と波に乗るシェフチェンコはフライ級転向から絶好調

 女子フライ級タイトルマッチにはヴァレンティーナ・シェフチェンコ(31=キルギス)vs ケイトリン・チョケイジアン(31=アメリカ)の一戦。フライ級に転向してから4連続完勝と波に乗るシェフチェンコを、高阪は「シェフチェンコは手足が長いわけではないので、バンタム級ではパンチを当てることもできなかった。フライ級に転向してからはやりたい放題できている。楽しんで試合をしている気がします」と分析した。

 しかし、今回の相手であるチョケイジアンはシェフチェンコよりも10cm身長が高く、リーチも長い。シェフチェンコのフライ級でのアドバンテージを消す要素を持っており、高阪も「どれだけ中に入れるかがポイント」とバンタム級時代と同じ課題を強いられることを指摘した。

シェフチェンコより10cm身長が高いチョケイジアンは懐に入らせないことが勝利の鍵になると指摘する高阪氏

 ただしチョケイジアンは、組まれてからの対応は特別優れているわけではないため「フィジカル面で上回るシェフチェンコに組まれたら、そこからはかなりキツい」という弱点も指摘。この一戦のカギは”シェフチェンコが内側に潜れるか”にあると予想した。

 なお、この両試合はWOWOW『UFC-究極格闘技-』で生中継される。

▼番組情報
『生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC247 in ヒューストン 絶対王者ジョーンズ&女子フライ級王者シェフチェンコ、 ダブルタイトルマッチ!』

2/9(日)午後0:00[WOWOWライブ]生中継
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

2/13(木)午後0:00[WOWOWライブ]リピート
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

【対戦カード】
<ライトヘビー級タイトルマッチ>
ジョン・ジョーンズ(アメリカ)
vs
ドミニク・レイエス(アメリカ)

<女子フライ級タイトルマッチ>
ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(キルギス)
vs
ケイトリン・チョケイジアン(アメリカ)

●編集部オススメ

・減点2も問題なくジョン・ジョーンズ圧勝防衛

・マクレガーが”激闘王”セローニに秒殺TKO勝利「再び王者に君臨したい」

・魅津希がランカーと対戦、連勝向け「ランキング入り狙う」

・メイウェザーとマクレガーが会見で乱闘寸前「今ここでやってやる!」

・平田樹のドラゴンボールキャラが話題に=那須川天心、ドネアらも大好き

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧