TOP > ニュース 一覧

【DEEP】DJ.taikiが、大ベテラン・小見川道大と念願の一戦「リスペクトを持ってぶっ飛ばす」

2020/03/12(木)UP

ベテラン実力者同士の一戦

 5月6日(水・祝)に後楽園ホールで行われる『DEEP 95』の追加対戦カードが発表された。

 DJ.taiki(37=パンクラスイズム横浜)vs小見川道大(44=NEO JUDO ACADEMY)のベテラン対決が決定した。フェザー級の一戦(5分3R)で行われる。

 DJ.taikiは2004年4月にキックボクシングでプロデビュー後、同年10月からはMMA(総合格闘技)に出場。DEEPのほかにもRIZIN、パンクラスに参戦し、シュートボクシングやK-1にも挑んだマルチ格闘家だ。声優・田村ゆかりの大ファン(王国民)としても知られる。

 2013年4月にDEEPバンタム級王座を奪取も翌年2月に返上。昨年5月にDEEPフェザー級タイトルマッチで王者・弥益ドミネーター聡志に挑んだが2RでTKO負けを喫した。
 昨年12月の試合では、怒涛の打撃からわずか1R95秒で一本勝ちした。

振りかぶって強烈なパウンドを打ち込むDJ.taiki

 対する小見川はUFC、戦極、DREAM、ROAD FC、DEEPなど多くの団体を渡り歩いてきたベテランファイター。元柔道日本代表として国際大会優勝などの実績を持つ。ボクシングと柔道をミックスしたネオ柔道スタイルを駆使する。

 近年は異種格闘技イベント・巌流島やグラップリングイベントのQUINTETなどで活躍する。昨年6月のDEEPでは3年4ヶ月ぶりのMMA戦ながら、見事な一本勝ちで勝利。10月には毛利元就の末裔・毛利昭彦にTKO勝利と勢いは衰えない。

 DJ.taikiはブログで、小見川とやるために「3月をパスして5月に試合することにしました」と、念願の相手だったことを明かす。
 続けて「小見川選手は俺が負けた高谷さんに勝っているので間接リベンジになるなと。(高谷さん引退したし)是非やりたいと、半年待ちました」とも。

115kgの相手に巴投げを決める小見川=巌流島

 さらに「ヤマスが俺をリスペクトを持ってぶっ飛ばしたように俺も小見川さんをリスペクトを持ってぶっ飛ばします」と意気込む。

 一方の小見川はSNSで「コロナより、花火より、花見より、ドブネズミみたいに美しいものを見たい方は私からチケットをご購入して見に来てください」と泥臭くも魅せると意気込んだ。

<追加対戦カード>
▼DEEPフェザー級 5分3R 
DJ.taiki(パンクラスイズム横浜)
vs
小見川道大(NEO JUDO ACADEMY)

▼DEEPバンタム級 5分3R
高野優樹(FIGHT FARM)
vs
米山千隼(マルワジム横浜)

▼DEEPライト級 5分2R 
LUIZ(禅道会)
vs
大木良太(KRAZY BEE)

●編集部オススメ

・DJ.taikiがオーロラをわずか95秒、プロ40戦目を一本勝ちで飾る

・中井りん「何でもいいから試合したい」半年ぶり待望の試合決定=4.12大阪

・柔道の小見川が、毛利元就の末裔に打撃でTKO勝利

・中井りんが深夜の計量パス、KINGレイナ代役で急遽参戦

・元ラウンドガールの黒咲さんが一転、筋肉系ビキニコンテストで大活躍の理由とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧