TOP > ニュース 一覧

タイソン、明日ジョーンズに「とにかくパンチを打ち続ける」と猛攻宣言=11.29

2020/11/28(土)UP

現役時代の激しいマイク・タイソンのミット打ち。明日は現役さながらのタイソンが見られるか(2004年ごろ=Naoki Fukuda)

 11月29日(日・日本時間)に米ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われるボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(54=米国)とボクシング元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・Jr(51=米国)のヘビー級エキシビションマッチの前日計量が28日に行われ、タイソンは220.4ポンド(約99.97kg)、ジョーンズは210ポンド(約95.25kg)でパスした。

 両者は、新型コロナウィルス感染対策用の透明の板を挟んで向き合い、約20秒間のフェイスオフ。
 その後、マッスルポーズを決めた後に互いに明日への意気込みを語った。

インタビューアー:ジョーンズへ「タイソンとの試合を受けたのは失敗だったのではと多数の意見があります。勝つためにどんなプランでいきますか?」

ジョーンズ

タイソンとロイジョーンズが計量パスでマッスルポーズ。いよいよ明日決戦(Fight Hub TV サムネイルより)

「(試合を受けたことは)私の人生の中で大きなミステイクだったと思われているでしょう。そう言う人達は、私のボクシングキャリア全てが間違いだと言う。いいですよ、私がやること全てが間違いだと、言っても構いません。しかし、実際は問題なく上手くやってきた。一見間違った選択に見えることでも、最後は上手くいくことを証明したい。私を信じて欲しい」

インタビューアー:タイソンへ
「明日の夜、どれだけ早く、あなたのパワーがロイ・ジョーンズ・ジュニアに炸裂しますか?」
タイソン「とにかくパンチを打ち続ける。あとは全てロイ次第だ。私はただ向かっていくだけさ。だから、彼は私が走って逃げるなんて心配しなくていい。私が走っていく先はあなただから」

 この一戦は一昨日26日にKO無しルールかと報道も翌27日にはこの試合の放映権を持つトリラー社のオーナーは否定し「KOで勝負決着もあるだろう」と語った。果たしてどのような戦いになるのか。タイソンの発言からアグレッシブファイトを予感させる。2分8Rの世界最大のエキシビションマッチはいよいよ明日に迫った

●編集部オススメ

・【テレビ】マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズのテレビ、放送情報=11.29

・【海外のTV配信】”Mike Tyson vs Roy Jones Jr” Watch Live stream, TV channel(11/28)

・タイソンとジョーンズが20秒間の緊迫フェイスオフ、計量パスで史上最大のエキシビションマッチ迫る

・タイソンvsジョーンズほか全対戦カード決定、異色の対戦も=11.29

・タイソン戦に挑むロイ・ジョーンズがミット打ち動画公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧