TOP > ニュース 一覧

【Krush】加藤虎於奈、王者・山際和希と「どの局面で戦っても、負ける要素がない」=公開練習

2021/01/17(日)UP

ヒザ蹴りをミットに叩き込む加藤(c)K-1

 1月23日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.121』のウェルター級タイトルマッチで、王者・山際和希(32=谷山ジム)に挑戦する加藤虎於奈(24=TEAM TOP ZEROS)が公開練習を行った。

 加藤は、昨年11月のKrushで松岡力と対戦。加藤が2度のダウンを奪って試合を有利に進めたものの、松岡がKrushでは反則となる相手の頭部を掴んでからのヒザ蹴りを出してしまい、それを受けた加藤は試合続行不可能に。加藤が反則勝ちという形で勝利を収めた。その後、タイトル挑戦が決まった。

(c)K-1

 公開練習では2分1Rのミット打ちを披露した加藤。「体調も減量も全部うまくいってる」とコンディション調整は順調だ。試合まで残り一週間で「今の時点では気持ちがまだ乗ってないので、試合当日までにしっかり乗るようにして、勝ちたいと思います」と、モチベーションを徐々に高めるつもりだ。

 前回の松岡戦では「初めて強くなった実感があった」との手応えもあった。「『ここで行かなきゃダメ』とか『ここで行っちゃダメ』とか線引きができるようになったこととか、あとはボクシング技術も上がってて、本当に今回の試合はどの局面で戦っても、負ける要素がないかなって思ってますね」とコメント。

(c)K-1

 当初、23日に虎於奈がKrushのタイトルマッチ、翌日の『K’FESTA.4』では兄のレオナ・ペタスが武尊とのK-1スーパー・フェザー級タイトルマッチが決まっており、兄弟で連日タイトルマッチに挑む予定であった。

 レオナの試合は大会延期により流れてしまったものの、大一番を控えた兄と練習を共にすることにより、刺激も受けてきた。「兄ちゃんは毎日毎日必死にやってたんで、その姿を見て『俺もやらないと』って刺激を受けました。前回の試合が終わって休む暇もなく、すぐ練習を再開して、体重も気にし始めたんで、調子はいいですね」と兄の存在が、自身のコンディションにつながっている。

(c)K-1

 対戦する山際については、「バランスが凄く良い選手」と評するも、「最近は体力が落ちてきているのかなと思います。だから体力勝負になっても負けないし、パワー勝負でも負けないし、蹴り合いでも負けないと思う」とベルト戴冠に向け、自信を示した。

☆1.23 Krush 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【Krush】加藤虎於奈が山際和希の王座に挑戦、兄・レオナと揃っての戴冠目指す=1.23

・加藤虎於奈が松岡力から二度のダウンを奪うも反則勝ち=11月27日

・【Krush】壽美、初戴冠へ「当たれば倒れる攻撃を」KANAとのK-1王座戦見据える

・【Krush】女子王座Tに挑む真優が椿原龍矢と鍛錬、K-1王座との2冠達成の野望も

・K-1王者・武尊がRISE王者・白鳥大珠とガチスパー「武尊選手と打ち合っちゃダメ」(白鳥)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧