TOP > ニュース 一覧

EXILE所属のLDHが「格闘家育成プロジェクト」を進行中、高谷、岡見らが育成

2021/03/03(水)UP

このプロジェクトに携わる左からHIRO、髙谷、岡見

 EXILEや三代目 J SOUL BRTOTHERSが所属するLDHのグループ会社で、トレーニングジムの展開や格闘技イベントを手掛ける株式会社LDH martial arts(代表:髙谷裕之)が、LDHに所属しながら夢を追う格闘家を応援する新たな企画「格闘家育成プロジェクト」を本格始動すると本日3日発表された。

 LDHではこれまでも、アーティスト発掘のオーディションをはじめ、小学生のフットサル大会「EXILE CUP」や小中学生のダンス大会「DANCE CUP」など、子供たちや若者の夢を応援することを目的とした様々なプロジェクトを立ち上げてきたが、格闘家の夢を応援するプロジェクトは初めてとなる。

 同プロジェクトはLDHのチーフ・クリエイティブ・ディレクターとして、数多くのプロジェクトを手掛けてきたEXILE HIROが発起人となり、LDH所属の総合格闘家で元DREAMフェザー級世界王者の髙谷裕之、UFCでタイトル挑戦の実績を持つ岡見勇信が中心となり、世界の頂点を夢見るダイヤの原石を発掘。世界トップレベルを知る髙谷や岡見らが育成をしていく。

髙谷の右フックでUFC帰りの日置は前のめりに崩れ落ちる(17年10月撮影)

 HIROは発表されたリリースで「昔から僕自身も格闘技の大ファンだったが、表現の仕方や見え方は違えど、見ている方に夢や感動、熱狂や興奮を与えるという点では、格闘技もエンタテインメントも通ずるものがあると感じている。世界に羽ばたいていけるようなスター選手を発掘・育成すると同時に、エンターテインメント業界の中で僕が培ってきたこれまでの経験を活かし、格闘家の皆さんの夢やセカンドキャリア、そして格闘技界の未来に貢献できたら嬉しい限り」と語っている。

 そこでLDHに具体的にいつから始動するのか問い合わせてみた。すると、実はこのプロジェクト、昨年年明けより始動し「LDH所属格闘家」として、15~25歳を対象に昨年3月にオーディションを予定していたが、コロナで延期に。応募のあった書類をもとに書類審査で絞り、現在は最終選考中であるという。

 なお、オーディションの合格者たちが、様々な試練を乗り越えながらも成長していく姿をドキュメンタリー形式で追いかけていくリアリティー番組の制作も予定されており、最終的な「LDH所属格闘家」が決定するのは今春以降になるとのこと。そしてLDH初開催の格闘技イベントで華々しいデビューを飾るという道筋だ。

 格闘技に人生を捧げた若者たちの夢を応援する一大プロジェクトが、コロナ禍を経てようやく本格始動する。

●編集部オススメ

・14年ぶり再戦は高谷が日沖を壮絶KO

・堀口恭司が天才殴られ屋のクネクネな動きに苦戦、終了後に見せた封印の刻み突きに「これされてたら…」と驚愕

・【UFC】岡見勇信が約5年ぶりに世界最高峰で勝利飾る

・アントニオ猪木が闘病中のリハビリ姿を公開「元気ですかー!と言えるように頑張る」

・【ONE】これぞ一撃必殺KOパンチ! ムエタイ頂上対決で大の字ダウン、ペトロシアンの高速の左やホルツケンの悶絶レバーブローなど、衝撃映像集が公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧