TOP > ニュース 一覧

【UFC】マクレガーのスネ骨折はポイエーの蹴りでもカーフの受けでもなかった、バックスピンキックが原因か

2021/07/11(日)UP

マクレガーの左足のスネ下部が曲がり、立てなくなるマクレガー(C)Getty/UFC

 7月11日(日・日本時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスにて行われた『UFC264』で元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)とUFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(31=米国)の6ヶ月ぶり3度目の対戦は1R終了時、マクレガーの左足のスネの下部が曲がり、マクレガーは立てず。ドクターストップによりポイエーがTKO勝利した。
 米大手スポーツニュースサイトESPNはマクレガーのスネが骨折したとUFCが発表したと報道した。

▶︎【動画】立てないマクレガーの足がくの字になる瞬間

 試合後のインタビューでポイエーは「自分が蹴った時に何かを感じた。まず初めにヒビが入った、そして折れたのだと思う」とWOWOWの通訳ではそう語っている。日本語がかぶって英語がよく聞こえなかったが、「蹴りをカットした(ブロックした)」というニュアンスもあり、カーフキックをカットされてヒビが入ったのではとSNSなどで推測するコメントもあった。

 編集部で映像を見返すと、まずマクレガーの怪我した左足については、一発も蹴りを被弾していない。また、マクレガーが被弾した蹴りは一発で、1R前半に怪我のなかった右足に食らった一発のカーフキックのみ。あとは全てかわしていた。

マクレガーが立ったままスネが90度に曲がる瞬間=ESPNtwitterより

 逆にマクレガーは多くの蹴りを出しヒット、それは全て左足による蹴りだ。カーフも受けられておらず、やや怪しいかと思ったのは、ボディへ3度目のバックスピンキックを出した時にスローで確認したところ、左足首のアキレス鍵部分がポイエーの肘の上部とぶつかっていることだ。しかしその後も何発か左ローキックを放っており、それによる肘受けは大きなダメージではなさそうだ。ただ、以降はバックスピンキックを出さなかったことから、もしかするとここで何らかの怪我があったのかも知れない。

 その後グラウンドの攻防となり、ラウンド終盤に両者が立ち上がったところ、マクレガーは左のローキックを放つ、続けて左前蹴りを放ち左足を着地させると、その左足は捻ってもいないが力が入らないような感じで、体重をしっかり乗せられていない様子になる、そして次に左ストレートを放ちながら奥足となった左足を浮かせるが、その左足を着地した瞬間にスネの下部が90度に曲がったのだった。

 編集部がオリンピック強化スタッフでもある「こやまクリニック」(東京都文京区)の整形外科医・小山郁先生にこの映像を見せたところ、明らかに骨折とのこと。
 ここまで左足で蹴っていると、どこかにヒットした時に折れたのかも知れない。ポイエーは試合後インタビューで「マクレガーの蹴りが強いから折れたのではないか」と語っていた。しっかり治療し復帰を待ちたい。

▶︎次のページは【動画】立てないマクレガーの足がくの字になる瞬間

●編集部オススメ

・【UFC】マクレガーのスネが折れた!? 立ち上がれずドクターストップでポイエーにTKO負け=試合結果速報

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・【UFC】緊迫フェイスオフでマクレガーがまさかの“激怒”蹴り!

・【ボクシング】元王者ラミレスが悶絶”時間差ダウン”KO劇! 階級上げ3連続KO勝利でWBAライトヘビー級王者に宣戦布告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース 一覧