TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】マクレガーのスネが折れた! 立ち上がれずドクターストップでポイエーにTKO負け=試合結果速報(RESULTS : McGregor vs. Poirier)

2021/07/11(日)UP

マクレガーがスネの下部がぐにゃりと曲がり骨折したようで立ち上がれず、ポイエーが勝利した(C)Getty/UFC

WME-IMG
『UFC 264』
2021年7月11日(日・日本時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス/T-Mobileアリーナ

▼ライト級ワンマッチ 5分5R 
○ダスティン・ポイエー(31=米国)
TKO 1R終了時(怪我によるドクターストップ)
●コナー・マクレガー(32=アイルランド)

 元UFC二階級同時王者コナー・マクレガーとUFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエーが6ヶ月ぶりに3度目の対戦となった。

【動画】立てないマクレガーの足がくの字になる瞬間

パウンドで被弾するマクレガーC)Getty/UFC

 1R、後ろ蹴り二発、そしてカーフも連打するマクレガー、ポイエーのカーフでバランスを崩すマクレガー。パンチを被弾するマクレガーは組んで回避。ケージに押し込むポイエーだったが、マクレガーはギロチンチョークを仕掛け下に。
 ポイエーはそれを抜くと、マクレガーは下から肘打ち連打。するとポイエーが反撃のヒジ打ちを連打する。マクレガーは下からギロチンを狙うが外れ、ポイエーは立ち上がる。

 そしてマクレガーはややふらつきながらサウスポーから左ストレートを放つと、奥足の左足のスネの下部、足首から上がグニャリと曲がる、骨折だろう。そのまま倒れ、ポイエーがパウンドを打つと終了ブザー。マクレガーは立てず、ドクターストップとなり、ポイエーがTKO勝利となった。

 ポイエーは「マクレガーのカーフを蹴ったときに感触があった。そこでヒビでも入り、(最後の攻撃のアクションで)折れたのではないか」と語った。
 一方、マクレガーは「この試合はまだ終わってない、終わらせない。悔しかったら殴ってみろ」とポイエーを挑発した。

 これまで2人の初戦は2014年9月の『UFC178』のフェザー級ワンマッチで対戦し、マクレガーが左フックで1RでTKO勝利。前戦は今年1月の『UFC257』で2Rにポイエーのカーフキックのダメージで足が止まり、ポイエーに連打され、TKO負けした。これで両者の対戦成績が1勝1敗になったため、完全決着となる3度目の対戦が用意され、マクレガーの負傷でポイエーが勝利。ポイエーは戦績を28勝(14KO/7一本)6敗とした。

※この大会の全試合結果はこちら

▶︎次のページは【動画】立てないマクレガーの足がくの字に、勝ち名乗りを受けるポイエー

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果はこちら

・【UFC】緊迫フェイスオフでマクレガーがまさかの“激怒”蹴り!余裕の笑みのポイエーは「昔は強かった、弱くなったなぁ」=7.11

・【UFC】下馬評不利の中、マクレガーがバキバキ筋肉で計量パス!雪辱の相手ポイエーに「明日の夜、オマエはオクタゴンの中で死ぬ」

・【UFC】ロンダ・ラウジーが水着のボディペインティング姿で表紙に=SI誌

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別