TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】榊原CEO、朝倉海の海外挑戦に「実績残す中で行くべき」7月の相手は外国人選手を想定

2022/05/06(金)UP

RIZINの榊原信行CEOが朝倉海について語った(C)RIZIN FF

 5月5日(木・祝)『RIZIN LANDMARK vol.3』(会場非公開)の総括でRIZIN CEOの榊原信行氏が、7月2日(土)に沖縄アリーナにて開催される『湘南美容クリニック presents RIZIN.36』出場予定の元RIZINバンタム級王者・朝倉海(トライフォース赤坂)について語った。

 朝倉は、昨年大晦日のRIZINバンタム級ジャパンGP決勝で、扇久保博正(パラエストラ松戸)に敗れて以来の試合。4月15日から米国で武者修行中で、UFCランカーと練習するなど充実した日々を過ごしている。UFCのダナ・ホワイト社長と対面し「今すぐ契約しよう」と言われたことを自身のYouTubeで明かしていたが、RIZINで戦うこととなった。

UFCダナ・ホワイト社長(左)と朝倉海が並ぶ(@kai_1031_より)

 RIZINに出場することに関して、榊原氏は「海はダナ(ホワイト)のところに会いに行って話はしたみたい。手引きは我々がしましたが、本当にオファーをもらったんじゃないですか。これは海に聞いて貰えばいいけど、海とも話した中で、UFCやベラトールでやってみたい思いはあるだろうけど、記念受験に行ってもしょうがない。海外でやっぱり戦えるだけの実績、経験、技術、スキル、メンタルも含めて磨き上げてのこと。研鑽がまだまだ必要と海も思ったと思う」とコメント。

相手を一撃で沈めるパンチを武器とする朝倉

 さらに「そのためにRIZINの中で、朝倉海という選手自体はナンバーワン、ベルトを巻いているわけではないですから、RIZINの中で経験を更に積みながら、実績を残す中で行くべきなのかなと思う。本人もそういう意識でいますから、一足飛びにそういう気は海にもないし、海もやっぱり『RIZIN、日本でしっかり経験を積みながら、そこで外国人選手と戦いたいです』と言っていました」と話す。

 世界トップを目指す日本人選手にとって、UFCやベラトールでの戦いは一つの目標となることが多い。将来、朝倉にもその可能性は考えられるが、現状はRIZINでしのぎを削ることを選択した。

昨年の大晦日に扇久保(左)に敗れて以来の再起戦となる朝倉(右)

 気になる沖縄大会での対戦相手について、榊原氏は「僕は外国人の選手がいいんじゃないかと思う。6月以降、(新型コロナウイルスによる隔離の)規制緩和が進んでいくと、もっとフレキシブルに選手たちを招聘できる。ぜひ外国人選手でマッチアップ出来たらと思います」と語っている。朝倉海の復帰戦に期待がかかる。

※本日の試合は、RIZIN LIVEやU-NEXTなどでアーカイブ配信

●編集部オススメ

・【RIZIN】2度目の沖縄大会開催決定、朝倉海が再起戦に挑む!=7.2

・【RIZIN】クレベル、王者・牛久絢太郎戦へ「同じレールじゃない。間違いなく勝てる」戴冠後はベラトールと朝倉未来戦へ=試合後インタビュー

・【RIZIN】5.5 全試合 結果 速報(クレベルvs萩原京平ほか)=RIZIN LANDMARK vol.3[ライジン]

・【RIZIN】“ホスト王”YUSHI、豪腕フックでKO勝利!東京ドーム参戦をアピール

・【RIZIN】萩原京平、クレベルのチョークは「気付いたら喉の下に」落胆の表情で「先のこと考えたくない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧