TOP > ニュース 一覧

【K-1】世界T制覇の王者・軍司泰斗「本物のチャンピオンになれた」=試合後インタビュー

2022/08/11(木)UP

試合後インタビューに応じる軍司

 8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催された『K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント』を制した、第5代K-1 WORLD GPフェザー級(-57.5kg)王者・軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)が試合後インタビューに応じた。

【フォト&動画】軍司の連打で斗麗がダウンする瞬間

 初戦は、南米強豪のスアレスを相手にボディを攻めて判定勝ち。準決勝は、-55kg時代に戦ったことのあるKrush王者・玖村修平との再戦に臨み、猛烈パンチ連打で初回KO勝利。勢いそのまま、決勝戦へ進出した。

斗麗にパンチを当てる軍司

 決勝で待っていたのは、”因縁の相手”19歳の斗麗。今年4月に『K’FESTA.5』で斗麗と対戦した軍司は、勝利したものの延長判定までもつれる接戦となっていた。完全決着を付けるべく、リングに上がった軍司は、見事初回KO勝利で最強を証明した。

 決勝の相手は「斗麗選手が上がってくると予想していた」と軍司。「4月の試合は、僕の中では『勝ちではない』と思っていて、凄く悔しかった。こういった機会で上がってきてくれることを願って練習していました」と、念願の再戦だった。

斗麗からダウンを奪った軍司

 初回から果敢に攻めたことは「弱点も分かっていて、速攻行こうと思っていた」と、まさに作戦通り。トーナメント制覇を達成するため「凄く基礎をメインにやってきた。僕の武器といえばパンチなので、ボクシングのトレーナーにも見てもらって上達して倒せた。その成果が出ているかなと思います」と、覚醒の理由を語る。

 今大会を締めるメインイベンターとしての責任も「メインになってくるのは、この階級のトーナメントだと思っていた。圧倒的に勝って、次期エースと認めてもらえたらと思って試合をした」との言葉通り、相当なものだっただろう。その結果として、2連続KOで見事に大会を締めた。

トーナメントを制覇した軍司

 カリスマ武尊が休養したことで、現在”K-1 NEXT”のテーマ通り次世代のスター誕生が求められている。「武尊選手がいなくなったことで、メディアなどにも出ていきたいですね。本物のチャンピオンになれたと思っているので、これからも応援よろしくお願いします」と話した。

 最強を証明した軍司が更なる進化をK-1のリングで見せてくれそうだ。

▶次ページは【フォト&動画】軍司の連打で斗麗がダウンする瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・[決勝戦]現K-1王者・軍司泰斗が斗麗を1R KOで下し優勝「絶対王者の始まり」次期エースをアピール

・[準決勝]軍司泰斗が玖村修平をKO勝ちで返り討ち、現王者の強さを見せて決勝へ

・[一回戦]王者・軍司泰斗が準決勝進出、終始攻め続けて南米王者に圧勝

・『K-1』8.11 全試合 結果 速報

・【K-1】篠田麻里子、橙色のドレスでラウンドガール初体験!「地元福岡で嬉しく思います」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧