TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】現王者・軍司泰斗が斗麗を1R KOで下し優勝「絶対王者の始まり」次期エースをアピール

2022/08/11(木)UP

K-1王者・軍司が斗麗からダウンを奪う

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K-1フェザー級世界最強決定トーナメント~』
2022811日(木・祝)福岡国際センター
▼第20試合 K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
〇軍司泰斗(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)
KO 1R 2分57秒 ※右ストレート
●斗麗(日本/WIZARDキックボクシングジム)

キックで攻める斗麗

 K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント決勝戦の舞台に上がってきたのは、軍司泰斗と斗麗。準決勝で軍司は玖村修平をKOして決勝へ。斗麗はワン・ジュングァンからダウンを奪い、決勝へ駒を進めてきた。
 2人は、今年4月にK’FESTA.5で対戦。軍司が勝利を収めたものの、延長判定までもつれる勝負となり、斗麗にとってのリベンジマッチとなる。

【動画】軍司の連打で斗麗が崩れ落ちる瞬間

強烈なパンチを打ち込む軍司

 1R、ロ―キックの蹴り合いからスタート。斗麗はプレッシャーをかけながら、前蹴りから右のパンチ。軍司はリズムを刻みながら、ガードを固めてじっくり構える。左から右のパンチを見せる軍司。
 すると、右ボディから左フックでダウンを奪った軍司。立ち上がった斗麗に右ストレートを入れて下がらせ、コーナーでパンチ連打。これで2回目のダウンを奪った軍司は、最後に右ストレートで3回目のダウンを奪い、KO勝ちを収めた。
 K-1フェザー級世界最強決定トーナメントの頂点に立ったのは、現王者の軍司だった。

トーナメント優勝を果たした軍司

 マイクを握った軍司は「これがK-1です。日本人選手には勝っているんで、あとは外国人選手しかいないんで、強い外国人との試合をお願いします。このフェザー級は、戦国時代と言われてきて、いいチャンスもらえたんで。これからは、僕の絶対王者の始まりです。武尊選手が休養している中、エース探しと言われていて。次期エースは、僕がいいんじゃないかなと。これからも世界最強を目指していきます」とアピールした。

▶次ページは【動画】軍司の連打で斗麗が崩れ落ちる瞬間

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】8.11 K-1 福岡大会は何時から?=フェザー級世界最強決定T、K-Jeevs谷川聖哉など生中継、放送、配信情報

・【K-1】王者・軍司泰斗、3試合連続KO宣言「本物のチャンピオンに」=フェザー級T

・【K-1】重量級のマッスル度で計量パス!元王者K-Jee「俺が主役、この程度のレベルは圧倒」と谷川聖哉をKO予告

・【K-1】ムエタイ王者・石井一成が初参戦へ計量パス、世界T開催へ「インパクト残す」

・【K-1】3連敗中の元王者・江川優生、堂々のマッスルポーズで計量パス!フィジカルUPに自信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別