TOP > ニュース 一覧

【K-1】江川優生vs島野浩太朗の剛腕対決!「相手の熱い気持ちに負けない」(江川)「テーマは”決戦”絶対負けられない」(島野)

2022/11/24(木)UP

江川(右(C)K-1)と島野(左)のハードパンチャー対決が実現

 12月3日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』では第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者・江川優生(POWER OF DREAM)と、第7代Krushスーパー・フェザー級王者・島野浩太朗(菅原道場)が[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級(3分3R・延長1R)]で対戦する。

【動画】島野が卜部弘嵩に強烈右フックでKO勝利!7年ごしのリベンジ果たす

【見どころ】
 江川はその剛腕で、19年11月の[第3代K-1フェザー級王座決定トーナメント]では3試合連続1RKOという圧巻のパフォーマンスで瞬く間にK-1王者まで登り詰めた。しかし21年3月、椿原龍矢に王座を明け渡す。
 今年4月の『K’FESTA.5』からスーパー・フェザー級に転向したが、大岩龍矢に判定負け。しかし8月ではマキ・チャーチャイに判定勝利した。

 一方の島野は激闘派として名高く、40戦を超えるキャリアを持つ。今年2月のK-1で7年ぶりに卜部弘嵩と対戦すると、KO勝利しリベンジを果たした。
 スーパー・フェザー級きってのハードパンチャー対決であり、勝利した方が王者レオナ・ペタスへの挑戦へと近づく。

圧巻の秒殺KOでトーナメントを制覇し、フェザー級新王座に就いた江川(2019年11月)

【選手データ】

江川優生(24=POWER OF DREAM)身長171cm 出身 東京都
構え:右 戦績:15勝(10KO) 5敗1分 第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者 第4代Krushフェザー級王者

島野浩太朗 (30=菅原道場)身長174cm 出身 千葉県
構え:右 戦績:28勝(17KO) 15敗 第7代Krushスーパー・フェザー級王者 WMAF世界スーパー・フェザー級王者 第12代MA日本キックボクシング連盟スーパー・フェザー級王者

強烈ボディ打ちで卜部を下がらせる島野=今年2月

【この一戦に向けた意気込み】(11月23日主催者提供)

江川優生

(現在のコンディションについて)
(階級アップについて)ただ体重を増やしてパワーをつけてもスピードがなければ意味がない。自分がイメージしている動きと実際の動きを一致させるまでに時間はかかるが、最初(2021年4月の大岩龍矢戦)に比べれば、徐々に一致してきている。

(試合への意気込み)
島野選手はタフな相手。仕掛けて、仕掛けられて…そういう試合になる。(島野は)足を使って戦うタイプではないので、そこでのやりにくさはないですが、逆に体の強さが出てくる試合になると思う。島野選手の熱い気持ちに負けないよう、自分もしっかり鍛錬して戦う。

島野浩太朗

(現在の練習について)
江川選手は一瞬で勝負を決める強さもあれば、接戦になっても勝つ地力がある。一瞬で終わる・延長判定までもつれる、どちらの可能性もある相手。どんな展開になっても勝つんだという気持ちで練習している。技術・フィジカル面はもちろん、精神面も作り上げている。

(試合への意気込み)
今回のテーマは”決戦”。(島野の)菅原道場も(江川の)PODもみんな家族のような関係で、一丸になって戦っている。江川選手はそのジムの頭(かしら)。だから僕は絶対負けられない覚悟を持って戦う。
(新王者・レオナが誕生し)頂点の証に挑戦する、この一心にかけて、どの展開になっても勝ちを掴みに獲りに行く。

▶︎次ページは【動画】島野が卜部弘嵩に強烈右フックでKO勝利!7年ごしのリベンジ果たす

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・K-1美女・菅原美優が23歳に、”きゅん”な笑顔と美腹筋で誓い「カッコ良く、いい女になる」

・島野浩太朗、卜部弘嵩をクロスカウンターでKO!7年の時を経て「自分の夢が叶った」

・【10月・ベストファイター】V3達成の菅原美優、KOの右は練習積んだカウンター、ボクシング上達のきっかけとは!?

・皇治、1Rで「これはもう無理、根性しかない」「ナイフで刺すようなパンチ」メイウェザーの刺客との激闘語る

・注目のラウンドガール雪平莉左が女王様!? 表紙&写真集で”新境地の本気”魅せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧