TOP > ニュース 一覧

ヌルマゴメドフ弟子が”いじめ報復”で撃たれ死亡、チーム期待の星も「凄惨すぎる」の声も

フォロー 友だち追加
2024/02/20(火)UP

ハビブ・ヌルマゴメドフ(右)と父のアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフ氏(左)。事件は父の武道学校の生徒たちが起こした(C)UFC(C)Zuffa LLC/UFC

 2月1日(日本時間)ロシア・ダゲスタン共和国にて、元UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)のチームメイトである21歳のプロMMAファイターが、8発の銃弾を受け死亡した。
 容疑者は19歳(18歳という報道もある)のチーム後輩で、3日に拘留された。ダゲスタン警察によると、MMAファイターが19歳に”凄惨ないじめ”を行っており、その復讐である可能性が高い。
 ヌルマゴメドフは現在に至るまで声明を出していないが、3日にはSNSで追悼ともとれる、長いイスラム詩編も引用している。またいじめ共犯者を制裁したという報道もある。

【動画・フォト】MMAファイターが銃撃を受ける瞬間、ヌルマゴメドフとのツーショットも

 殺害されたMMAファイターは、21歳のマゴメドラスル・ムタエフ。彼はハビブ・ヌルマゴメドフの父が設立した武道学校の生徒で、ヌルマゴメドフもチームメイトとして指導していた。
 アマチュアMMAのトーナメントで準優勝し、昨年11月にプロ大会で判定勝利。今月23日にもプロ第2戦を控えていた。

 ホープとして期待され、亡くなる数日前には、ヌルマゴメドフもインスタグラムのストーリーで彼を紹介していた。

 事件が起きたのはダゲスタン首都、マハチカラのトレーニング施設からMMAファイターが出た時のこと。
 駐車場で待ち構えていた19歳のナディルハン・カディルハノフに、計8発の銃弾を受け、救急車で搬送される途中で亡くなった。

 容疑者の19歳は、同じチームでMMAを学ぶ生徒。MMAファイターは、日ごろから容疑者にいじめを繰り返し、持ち物を奪ったり、口の中にタバコを押し付ける暴行も行っていた。
 容疑者の口述によると、1週間前にMMAファイターが容疑者の顔面に放尿し、それが引き金になったようだ。
 1日以前にも襲撃を行ったが、その時はMMAファイターも銃を持っていたため、実行できなかったと言う。

 容疑者が逃亡した先の、故郷の村人は「人を殺そうという決意をするほどに追い詰められていたんだ」と語っている。

 この事件が報道されるとネットでは、未来あるファイターの死を悼む声と共に、いじめが「凄惨すぎる」とのコメントも見られた。

 ヌルマゴメドフはこの事件について声明を出していない。
 しかし海外メディアEssentiallySport等によると、ヌルマゴメドフがMMAファイターと共に容疑者をいじめていた者たちを「KOし、乱闘した」と制裁を行った所を関係者が目撃したと書かれている。

 またヌルマゴメドフは、容疑者が捕まった3日、SNSで自身の悲しげな表情の写真と共に”生のはかなさと人生を大事にする”よう諭したイスラム詩編を長く引用。
 そして「この世の生活は儚いだけでなく、過去と未来の困難によって台無しにされる」とも綴っている。

 ヌルマゴメドフは日ごろから、ダゲスタンのファイターたちが強い理由を「彼らは戦士の精神を持ち、厳しい生活や練習、誇りある文化によって作られている」と語っていた。

▶次のページ:【動画・フォト】MMAファイターが銃撃を受ける瞬間、ヌルマゴメドフとのツーショットも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・格闘技大会でロシア16歳が死亡、”バックスピンキック”でKO負け、ヘッドギア義務守らず運営は許可

・ブラジルのMMAファイターが麻薬組織に射殺、シウバやピットブル兄弟が怒り

・フランスのコンクリート廃墟で”素手MMA”大会!最後は凄惨な結末に…「正気の沙汰ではない」

・【フォト】ラウンドガール、失神相手に中指立てた”悪童”レオの更生に期待「中指だけじゃなく親指も立てれば」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧