TOP > ニュース 一覧

アントニオ猪木がAI知能を持ったアンドロイドで復活へ!来年大阪万博でお披露目を目指す

フォロー 友だち追加
2024/02/21(水)UP

アントニオ猪木がアンドロイドで復活か

 故・アントニオ猪木さんの誕生日である2月20日、猪木さんの肖像権などを管理する猪木元気工場(IGF)が都内で会見を開き、「ヒューマンAI」を活用した新プロジェクト「~猪木の夢の続き~『猪木ロイド(仮)』」の計画を発表した。 

【フォト】貴重!猪木が等身大の猪木人形とツーショット!猪木ロイドはこんな感じか!?

 ヒューマンAIを2つの大学機関(現在選考中で大学名は明かさず)から提案され「ヒューマンAI学術研究」の一環としてこのプロジェクトを進めていくという。

 会見では、IGFの青木弘充社長は「猪木さんの闘病中に生きる目標を持ってもらうため、映画や詩集を出そうと話していた。映画は完成し本人は見ることなく昨秋に公開されたが、詩集はタイトルのみ決まった状態で他界されたため未完だったとし、まずは新日本プロレスの協力を仰ぎ、猪木さんのこれまでの膨大なデータをAIにインプットし、猪木AIで詩集の完成を目指すという。

IGFの青木弘充社長とアントニオ猪木さんの実弟の猪木啓介さん(右)

 また、来年4月開幕の「大阪・関西万博」でアンドロイド版のアントニオ猪木「猪木ロイド」をお披露目する計画も語られた。

 最近、マツコデラックスにそっくりな話して動く人形、マツコロイドが話題を集めたが、IGF側は同等かそれ以上のものを目指すとした。

AIが進化していった中で2025年、どういった形になるのか。ホログラムで演説する可能性もある」とも。

兄、アントニオ猪木がAIで復活することに今後の可能性を語る猪木啓介さん

 会見に出席した実弟の猪木啓介さんは「兄貴は非常に新しいものが好きだった。本人は喜んでいるのではないか。体のサイズを見て銅像は作られたが、音声などをもとにAI化し、リングに上がって新しい選手と対戦したり、演説したりできるのかもしれない。(猪木さんも)ワクワクしていると思う」と述べた。

 より具体的には次回会見としたが、猪木さんがAI知能を持ったアンドロイドでの復活に期待が高まる。

▶︎次のページは【フォト】貴重!猪木が等身大の猪木人形とツーショット!猪木ロイドはこんな感じか!?

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・生前葬開催の猪木「馬場さんと三途の川で勝負しても負けない」

・吉成名高、快挙達成をアントニオ猪木に報告「いずれ世紀の一戦を」

・【フォト】”小柄グラマー”ラウンドガール、ブレイキングダウン応援で…

・新刊〝謎の老師〟が教える身体を整え強くなる揺腕法(ようわんほう)とは!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧