TOP > 試合結果 一覧

【Dynamite!!】桜庭、船木を一蹴!ヒクソン戦に向け好発進。KID、魔裟斗も順当勝ち

フォロー 友だち追加
2007/12/31(月)UP

TBS/FEG/MBS
「Fields K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」

2007年12月31日(月)大阪・京セラ大阪ドーム

▼第4試合 HERO’Sルール 85kg契約 1R10分、2R5分、延長5分 
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)85.0kg
KO 1R1分49秒 ※マウントパンチ
西島洋介(高田道場)公開計量には不参加

 1R、慎重な攻めを見せるマヌーフは、ローからのパンチで西島をコーナーに追い込む。

 そして、パンチラッシュを仕掛けると、西島は防戦一方に。

 テイクダウンされた西島は簡単にマウントポジションを奪われ、マウントパンチの前に沈んだ。



▼第3試合 HERO’Sルール 70kg契約 5分3R 
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントライン・アカデミー)70.5kgで500gオーバー
一本 2R1分33秒 ※チョークスリーパー
宮田和幸(フリー)69.9kg 

 1R、パンチを出し合う両者。タックルを仕掛けた宮田はテイクダウンに成功。下のハンセンは腕十字で反撃に出る。うまく回避した宮田はパウンドを落としながらパスガードを狙う。しかし、ハンセンの防御は固く展開が作れない。スタンドの展開では、長いリーチのハンセンが有利。パンチをくらった宮田はゴングに救われた。

 2Rも宮田はタックルでテイクダウン。しかし、下のハンセンはスイープしながら宮田のバックを奪うとスリーパーであっさりと勝負を決めた。



▼第2試合 K-1甲子園 U-18日本一決定トーナメント1回戦 60kg契約 K-1ルール 3分3R
雄大(=ゆうだい/治政館/16歳)58.7kg
判定 3-0 ※30-27、30-28、30-29
久保賢司(立川キックボクシングアカデミー/NJKFフライ級王者、WPMO世界同級王者/18歳)58.7kg

 積極的にパンチをかわす両者。久保はパンチを出しながら距離を詰めると、クリンチからのヒザ。K-1ではクリンチからの攻撃が認められないために、久保はリズムが掴めない様子。

 師匠・武田幸三譲りの力強いローを放つ雄大に対し、久保はパンチからローのコンビネーション。勢いに乗る雄大は前蹴りも多くヒットさせ、接近戦に持ち込ませない。

 3Rには、お互いに激しい打ち合いを展開するも決定打はなし。主導権を握った雄大が勝利し、決勝に進出した。



▼第1試合 K-1甲子園 U-18日本一決定トーナメント1回戦 60kg契約 K-1ルール 3分3R
HIROYA(フリー/第5回世界キックボクシング選手権アジア大会54Kg級優勝/15歳)59.7kg
判定 3-0 ※30-27、30-27、30-29
才賀紀左衛門(=さいが・きざえもん/大誠塾/18歳)58.9kg

 1R、空手出身の才賀は、ブラジリアンキックや胴廻し回転蹴りなど華麗な足技をみせる。しかし、HIROYAのローブローを食らい、才賀はダメージ大。リズムを完全に失った才賀に対し、HIROYAはヒザ蹴りや前蹴りでテンポを上げていく。

 2RもプレッシャーをかけるHIROYAはコンビネーションで攻める。お互いに乱打戦を繰り広げるも、決定打はない。3Rも主導権を握り続けたHIROYAが判定勝利し、決勝に駒を進めた。



▼オープニングファイト K-1ルール 3分3R
立川隆史(TRYOUT)
KO 1R1分43秒 ※右ロー
井上由久(武勇会/四国中央支部)

 バックブローや大振りのフックの井上に対し、立川は必殺の右ローをヒットさせていく。

 ローをカットできない井上は徐々にダメージを蓄積していき、足をひきづるように。

 右ローで2度のダウンを奪った立川が連勝記録を更新した。



▼K-1甲子園 U-18日本一決定トーナメントリザーブファイト 60kg契約 K-1ルール 3分3R
村越凌(湘南格闘クラブ/15歳)58.4kg
KO 1R2分00秒 ※左ヒザ
藤本新(大月道場/17歳)60.0kg

 若さ溢れる打ち合いが序盤から続く。接近戦で村越のフックがヒットすると、藤本はダウン。

 追撃するように左ヒザがクリーンヒットし、藤本は立ち上がれず。

 トーナメントリザーブの権利を得たのは村越だった。

フォロー 友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

新着情報


TOP > 試合結果 一覧